のら猫の日記の作品情報・感想・評価

「のら猫の日記」に投稿された感想・評価

Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.2
2人きりで、誰も頼らず信じず、隠れるように生きる年若い姉妹。姉が望まぬ妊娠をし、とりあえず出産の知識がありそうな赤ちゃん用品売り場の女性を誘拐して、助けを借りようとする。

妹役がスカーレットヨハンソン。この時まだ12歳ですよ。グラマラスでセクシー系になるはるか前の、おこちゃま感ある可愛いスカーレット。こんな昔から出てたのね!

アル中だった亡くなったお母さんの匂いを持ち歩いて、毎晩寝る場所に振りかけてその上に寝るのに泣いた。。どんな母親でもママはママ。

なんやかんやで世話焼いてくれる売り場の女性に理想の母親像を見出しつつ、人の善意を信じきれない姉を誰より大切に思って行動する幼い彼女の姿が切ない。

お姉ちゃんだって、絶対まだ17-8歳程度。周りにひどい目に遭わされてきて、とりあえずまずは爪を立てて威嚇する生き方しか知らない。

悪いことしても、警察にすら見向きもされない。この世で誰にも気づかれず、求められていないんじゃないかという孤独な日々を、身を寄せ合って生きてる2人は、まさに邦題通りののら猫たち。

そんな中、自分の辛い経験があるからこそ誰より妊婦と子供たちに優しくありたいという売り場の女性の心情を薄々感じつつ、見ぬふりして、でも少しずつ打ち解けていく2人の様子に、ほんの少しだけ安堵できる場所を見つけられたようでホッとする。
思っていたより良かった。前知識はなにもなく観たから、おばさんなんてちっとも気に留めてなかったらがっつりメインキャストだった。若かりし頃のヨハンソンさんが可愛かった。やっぱり違う人は若い頃から違ってた。この映画のすべては出産のシーンに詰まってたと思う。ローが色々経てだけど何の邪念もなく心からエレインを信頼した瞬間。感動。最初と最後の夢で会ったことのない人に会う×虫眼鏡のふわふわした感じも良かった。
YJM

YJMの感想・評価

4.2
タフな女子って最高!
強がって真っ直ぐ生きてる感じとか勇気もらった。
こるり

こるりの感想・評価

5.0
幼いスカーレット・ヨハンソンがすっごくかわいい。姉を見守るまなざし、言葉は少ないながらも彼女の素直な想いが伝わってくる。
necoze

necozeの感想・評価

3.7
女たちが生きていく
猫はでてこない
公開当時、雑誌の片隅にこの映画の紹介を見つけ、切り抜きをノートに貼ったのを覚えています。モノクロ1カットの小さな写真で俯いている、どこかボーイッシュでアンニュイな雰囲気をたたえた少女に釘づけに。そう、それこそがスカーレット・ヨハンソンだったのでした。

あるべき家庭の失われた、のら猫姉妹。先の見えない二人が、腹に宿した未来に人生のハンドルを握られる彷徨記。

静かで印象的なスコアは、なんとジョン・ルーリーによるもの。グラマラスでない頃のスカーレットも魅力的ですよ。
tulpen

tulpenの感想・評価

4.2
音楽がジョン・ルーリー だというので見たんだった。

ニコリともしない生意気な女の子なのに目が離せない魅力がありました。とても12歳とは思えない。とメモには書いてある。


キュートな女の子だなぁと思ったけど
この時はスカーレット・ヨハンソンだとは知らなかった。
その2年後に「モンタナの風に吹かれて」で初めてスクリーンでご対面したのだった。


VHSレンタル
コン

コンの感想・評価

5.0
あんたはまともだってとこが幸せ
もう4人で暮らしなよ
友達になれる。
>|