mato

サボテン・ブラザースのmatoのレビュー・感想・評価

サボテン・ブラザース(1986年製作の映画)
3.0
悪党討伐のため腕の立つガンマンを探していた村娘。偶然立寄った村で映画鑑賞をし、そこに登場する3人のヒーロー・サボテンブラザーズにいたく感銘を受ける。早速彼らに討伐依頼の電報をうつ、フィクションだとつゆ知らずに。


アンジャッシュのコントのようにお互い勘違いしたまま話が進む。
ココまで結構おもしろい。が、ばれてからは笑いの勢いが落ちる。普通のヒーローものになってしまってね。。

歌う木とか透明剣士とか中途半端なファンタジー要素いるかな?