オーシャンズ12のネタバレレビュー・内容・結末

オーシャンズ122004年製作の映画)

Ocean's Twelve

上映日:2005年01月22日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

「オーシャンズ12」に投稿されたネタバレ・内容・結末

カッコいいブラピをいっぱい観れる映画。
でも一番の見どころはナイトフォックスがファベルジェの卵を盗む為にレーザー感知器を避けるシーン。カポエイラのようにかわし方と、BGMが絶妙にマッチしてて渋い。定期的にこの映画を観るのはこのシーン目当て。
わかるけど、ごちゃごちゃしてて
スッとは入ってこん
前作の方が見応えあったな。
どうやら私は人間ドラマ云々よりも大人数が協力しあって何かを成し遂げる方が好きっぽい。

観客さえ騙して最後におぉ〜って言わせる感じは流石なんだけど、今回は盗みがあまりにさっぱりとしててうーーーん……。
やっぱ、無線でやりとりしたり、誰かが防犯カメラの死角作ったり、外の車で待機してる奴がやきもきするところが見たいわけよ。


とりあえず見所はブルース・ウィルス。
ソダーバーグ版、オーシャンズシリーズの第2作。

新たに女刑事やライバルとなる泥棒が現れ、キャラクターや関係性といったところに新味が加えられている。
ミディアムヘアのキャサリン・ゼタ=ジョーンズは可愛いし(真木よう子感)、ジュリア・ロバーツがジュリア・ロバーツを演じるメタ展開も面白かった。

ただ、突飛な展開を求めるあまり、作品全体が荒唐無稽になってしまった印象は否めない。
言うならば、「オーシャンズのルパン三世化」といったところか。
特に後半部分、何者か分からないライナスの母親の介入であったり、後出しジャンケンにしか見えない大オチは、ご都合主義的で納得し辛いものがある。

そして、何よりも残念だったのは、「計画して実行する」というケイパーものの面白さが、まったく描かれていない点だ。
どんなにおふざけをしても、やるべき事はきっちりやる…それが前作にあった面白さであり、カッコ良さではないのだろうか?

勿論、これはこれで面白いし、変化が必要なのも分かるのだが、とはいえ、シリーズ2作目でここまで壊す必要があったのかは疑問に思う。

果たして、3作目はどうなる事やら…。
計画と時系列がちょっと難解で、後半を2回見て、やっと理解できた…。11同様、計画がうまくいってないのかな?っていう心配は要らなかった。11よりも好き。
全部演技だったんかい笑笑
全作が面白かった分今回は微妙だった。明らかに働いてないやろっと思う人がいたし、絵面も地味だった。銃撃戦や殺しがないのは評価したいが、あまりにも地味。どんでん返しもそこまでスカッとしなかった。という評価にしたが、話が複雑すぎてついていけない部分もあった。
分かんない人が多い割には分かったけど、11のほうがそれぞれの個性が立ってて楽しかった
電気のスペシャリストとか、アクロバッターとか詐欺師とか

登場人物豪華なの良いけど多すぎ
ライナスがラスティーのJr.みたいで可愛い

・ライナスのお母さんは、イザベルよりも強い権力を持ってた人だから、ライナス達が捕まったのを逃がしてくれた
・オーシャンとかラスティーとかトゥルアーの師匠であるルマークは、亡くなったと思われてたイザベルの父親
・イザベルはオーシャンズを捕まえるための書類?を偽装したからあのまま返ってても偽装罪で捕まるだけだったから、諦めてラスティーの方についた
この辺がこんがらがってる人多そう

ジュリアロバーツのジュリアロバーツはずるいし、突然のブルースウィルスに笑った

普通にコメディーで面白かった
カメラワークがぐわんぐわんでちょっと酔った
トゥルアーがナルシストハマってて、ダンスでセンサー乗り越えちゃうところとか好きです
ラストのどんでん返しで「なるほどねー!」と。前作に引き続き今回もやってくれましたオーシャンズ、見事に騙されました。

作戦の確認をしている時点で「全員逮捕」と言っていたので、そこは作戦なんだろうなとは思いましたが、あとは「お見事」の一言。
ジュリア・ロバーツとブルース・ウィリスのシーンは笑わせてもらいました!

ただ、前作の方が面白い・スカッとしたと思ったのは、ここだけの話……
少し内容が難しかった。
最後に全部を明かすが、ん?となった🤣
>|