ターミネーターの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ターミネーター1984年製作の映画)

THE TERMINATOR

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.6

「ターミネーター」に投稿された感想・評価

シュワのはまり役。しぶとさがいい
s

sの感想・評価

-
途中まで未来人2人の区別がつかなくてシュワちゃんかと思ってた。ただのsfだけじやなくて感動的。送らないとあなたは存在しないの、おかしな話だけど。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
キャメロン監督、そしてシュワルツェネッガーの出世作。「ブレードランナー」から2年後の作品で、こちらの人工知能・生命体は人間をほぼ絶滅させている設定。総じてB級映画で哲学は感じられず純娯楽作品。ただ展開・演出のセンスが良い。なによりターミネーターのキャラ立ちが素晴らしく、この映画の魅力のほぼ全てだと思う。
BSでひっっっっさしぶりに見ましたが、今見ても怖いですね。
(2はよくやってる印象あるけど1はあんま見ない気がするのは、やはり濡れ場のせいなのだろうか……)

J・キャメロンの才能が爆発してるって感じです。脚本も映像もアクションもこなせるって凄いですよね。

AIの暴走によって人類が滅ぼされた未来という設定。過去に戻ってその親を殺すことで宿敵の存在を消そうとする機械〈ターミネーター〉と戦うというストーリー。タイムパラドックス的な上手いオチ。
あらすじだけでも面白い脚本です。今でこそベタベタに見えますが、そんだけパクられまくったのは偉大な証。

ランボーやエイリアン2でもわかりますが、ミリタリーへの愛が存分に現れたアクションシーンは問答無用にかっこいいです。

しかし、最大の魅力は画面構成の上手さと、そのビジュアルじゃないでしょうか。
構図や光の使い方が上手いから、80年代の映像なのにめちゃくちゃかっこいいんですよね。あの赤い眼光は反則です。
そして最後に明かされたターミネーターの姿。いやー、怖いです。
ストップモーションの動きは一見チープにも見えますが、人間ではない不気味さを演出するのに一役買っていると思います。

怖いのに、かっこいい。
まさに悪のヒーロー。
そら続編で大活躍することになるわけですわ。

というわけで、早いとこI'll be backしてください、BS朝日さん。
ダダンダンダダン! ダダンダンダダン!

このリズムの繰り返しだけなのに、これだけ絶望感を表現できるなんて凄い。

シュワちゃんが一躍世界的スターになった出世作。T2の方が好きという方は沢山いると思うが、アイデアの斬新さにかけては他の追随を許さない。

先日、BSで久しぶりに観て、あまりにもハードな展開で驚いた。

それまで普通に暮らしていた女性が、全く身に覚えがないのに謎の人物に命を狙われ、肉親や友人、そして、最愛の人までも失うことになる。

最後、唯一つ残された希望を身に宿し、彼女が暗雲立ち込める地平線へ向かう場面は、映画史上に残る名シーンだと思う。

「木根さんの1人でキネマ」でも指摘されてたけど、自分も子供時分にテレビで観たとき、サラとカイルのベッドシーンにそばにいた両親と共にドン引きした記憶がある。

んなことを高校時代に友達と話していたら、友達も同じように気まずい雰囲気になったそうな。

さて今回久しぶりに観たが、生々しいのは相変わらず(*´∀`)♪ 物語上必要なシーンだけど、ちょいと貪りすぎなのでは?(ま、いいか)

■映画 DATA==========================
監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン/ゲイル・アン・ハード
製作:ゲイル・アン・ハード
音楽:ブラッド・フィーデル
撮影:アダム・グリーンバーグ
公開:1984年10月26日(米)/1985年5月25日(日)
BSでやっていたので何となく見始めたらあまりの面白さに釘付けでした。
今まで食わず嫌いしていたことを反省。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.7
「ターミネーター」シリーズ初鑑賞!思っていたよりもSFだった。タイムパラドックス的な内容も含み、興味深かったです。あと、シュワちゃんしぶとすぎ、この前鑑賞したチャッキーみたい笑。
F

Fの感想・評価

4.0
面白かった