rissa

空中庭園のrissaのレビュー・感想・評価

空中庭園(2005年製作の映画)
3.6
角田光代の原作を読んだうえで鑑賞。
結果、豊田監督はやっぱりいい。この監督ならではの演出によって原作では見えなかった家族の答えが見えた気がした。

各々の隠し事。抱える「隠し事はなし」な家族、平穏を保とうと被った、薄ぺらな仮面が徐々に剥がれていくさま。

目を背けたくなるけど、背けられないのは、誰にでも隠し事ってあるから。どんな家族にも「事情」ってあるから。それでも家族ってそう簡単には切れない関係。どんなことがあっても繋がっていく。孤独なままでも繋がっていたいと願うのが、人間。

誰にとっても他人事じゃない映画だと思う。