ナオヒレットヨハソソソ

夏の遊びのナオヒレットヨハソソソのレビュー・感想・評価

夏の遊び(1951年製作の映画)
3.8
『ゴダールが最も美しい映画と絶賛した作品』

バレーダンサーの女性が日記をもとに過去をたどり、現在に答えを導き出す物語。

モノクロの中で光る夏のスウェーデン、バレエダンス、ベートーヴェンの月光、男女の恋、遊び心あるアニメーションなど芸術的な作品です。
綺麗な雰囲気でした。

なにげにベルイマンの作品は初めて見たんですけど、世界観にハマりそうです。

ここからは余談です。
Ingrid Bergman
Ingmar Bergman
カサブランカで有名なイングリッド・バーグマン、彼女もスウェーデン語読みでは実はベルイマンなんです。
なので自分の中では監督とまじってたまにややこしくなる時があります。
以上、スウェーデン語を片言程度できるという微妙な趣味を披露してみました。笑