南極物語の作品情報・感想・評価

「南極物語」に投稿された感想・評価

太郎と次郎のお話。小学生の頃に観て、最後号泣したのを覚えている。あと途中で泣いたのも覚えている。
南極に犬を置き去りにせざるを得なくなった潮田暁(高倉健)と越智健二郎(渡瀬恒彦)の苦悩。
極寒の地に残されても生きようと困難に立ち向かう犬。
撮影方法などに疑問を持つこともあるが間違いなく邦画史に残る名作‼︎

犬が一頭また一頭と力尽きていく姿は悲しすぎる。
100%泣くでしょ。
そして犬達の演技が素晴らしい。
個性がしっかりしていて、アカデミー賞をあげて欲しいくらい。

最後、潮田のもとへ駆け寄ってくるタロとジロも健気すぎる。

「どんな生き物にも命があって、だれもその命を奪う権利なんかないんだ」
という潮田のセリフが心に残る。

現実でタロとジロは剥製になっているらしいのだが正直安らかに眠らせて欲しい。
kohei

koheiの感想・評価

4.0
小学生の頃泣いた。
犬、よく撮影したなー。すごい。トレーナーの宮さん、わたしでも知ってるくらい有名な方。
行動は想像なのかなあ?オーロラとか蜃気楼って、犬にも見えるんだろうか。
再会時の2人の表情が、何とも言えず考えさせられる。
感動しました。
侑菜

侑菜の感想・評価

3.8

「どうして見捨てたのですか
なぜ犬たちを連れて帰ってくれなかったのですか」

昭和33年2月、南極昭和基地での越冬隊の活動は、例年にない悪天候のため中止になり、犬係の潮田と越智の必死の要請も虚しく、越冬隊と行動を共にした15匹のカラフト犬は極寒の地に置き去りとなってしまう……。

とにかく号泣。
>|