トロンの作品情報・感想・評価

「トロン」に投稿された感想・評価

may

mayの感想・評価

3.0
最近のトロンより格段に面白い。当時でこれ考えるってすごいな…
にけ

にけの感想・評価

2.3
封切り時は、近未来映画と言われたが、残念な作品
ふぁぶ

ふぁぶの感想・評価

3.0
The Strokes「12:51」で、ローマン・コッポラがオマージュしたところから辿り着いて鑑賞。これを生み出したセンスは凄い。電子世界(?)に入っていく描写なんか、今見ても見劣りなんかしてないし、現代にれを超える新しい表現を作り出せる人はいるのか?というくらい。
『AKIRA』が真似したライトサイクル!
どっちもカッコよくて好き!

反射帯を体に巻き付けて“トロン!”とかやってたな...
ALIEN

ALIENの感想・評価

3.0
『トロン』は世界で初めてCGをメインに使用した映画として有名だけど、ストーリーがつまらなさそうでなかなか観ようと思えなかったんだよね。
実際観てみてやっぱり退屈さは否めなかった!笑
けど、ビジュアルにはちょっぴりドキドキした。生まれる前の作品だけど、小さい頃に触ったWindowsのパソコンの画面みたいな、見知ったダサさの中で人が動いてる。なんて新鮮な古さ!
いわゆる「レトロ」じゃないのよね、お洒落じゃない、無機質で味気ないぺたっとした感じがツウ好みの独特の雰囲気を出している。
でもディズニーランドのトゥモローランドの、昔の人が考えた明日、みたいなちょっとズレた古くささが好きなタイプの人間ならたぶん好きだと思う。
現代の人にはストーリーはピンと来ないかもしれないけど、あの画面を見るだけでも価値はある。
小さい画面でも楽しめるので、ディズニーデラックスで端末で観るのおすすめ。
Shika

Shikaの感想・評価

3.2
むむむむむむという感じ。
マーベル、ルーカスフィルム等、市場買い漁り前の人生で唯一の劇場で観たオカネーランド映画!

何故か映像とか音楽が子供心に響いた。

TRONはヒーローだしね!

トミーの電子ゲーム持ってたなぁ😃
時代を考えれば画期的だったのかもしれない.今見ても面白いです.でも色が見にくい...
たく

たくの感想・評価

-
小学生の時に映画館で観た。
大げさに言えば人生で一番ハマった映画じゃないかな。

まず公開前にレコード屋さんでサントラを見つけて、そこに印刷された画像の見たこともないような世界観に衝撃を受けて即ジャケ買い。解説文で「アルター・エゴ」って言葉を初めて知り、オケとシンセサイザーが競演する奇妙な音楽が癖になって繰り返し聴き、作曲者ウェンディ・カルロスが元男性(ウォルター・カルロス)と知ってますます興味を惹かれた。
プログラム達が着てる衣装の電子回路の模様をノートに模写したりして、オタクさながらだったね。

映画本編はもうワクワクしながら観て、断片から生成されるトロンに続いて「TRON」の文字が回転しながら迫ってくる冒頭冒頭から、ゲームセンターでライトサイクルのゲーム内のコンピュータ世界に入っていく流れで完全にハマった。その後のクルーのハッキングシーンがまた最高で、彼がMCP側に捕まるまでが前半の見せ場。
書き出せばキリがないんだけど、中盤のライトサイクルでまた見せ場があり、そこから後半はだんだんシュールさが薄れてファンタジーっぽくなるのは物足りないところかな。フリンがゲートを操縦するシーンでYes/Noで2進数を表すビットの再登場はお茶目。
上映終了後、また観たくてビデオ屋を探し回り、3万円くらいする輸入盤の字幕無しのVHS版を親に買ってもらって何度も観たね。

コンピュータ世界の擬人化は「インサイド・ヘッド」の脳内の擬人化に匹敵する見事さ。
CGを本格的に使った初の映画で、今となってはリアルさは足りないけど、かえって独特の世界観が生まれてる。その後「スター・ファイター」でより滑らかでリアルなCGが出てきたときも、本作ほどの魅力は感じなかった。

ジェフ・ブリッジスを初めて知った作品で、彼がその後の作品で売れていったのは嬉しかったね。
>|