トロンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「トロン」に投稿された感想・評価

しゅん

しゅんの感想・評価

3.5
<開発したゲームを盗まれたケヴィンは証拠を掴むためハッキングをしていたが、策略によりプログラムの世界へ送られてしまうSFアドベンチャー映画>

電脳世界からの脱出。
世界初、全面的にCGが導入された映画ってことでプログラムの擬人化がディズニーらしい。
縁だけネオンカラーに輝く世界設計かっこいい。衣装も発光、善は青、悪は赤。

ストーリーはシンプル、戦いながら脱出。
バイクアクションがメインのイメージあったけどほんの数分の訓練で、同じくディスクの投げ合いと床が消えてくスカッシュが楽しい。

縁とプロペラの先だけ赤く輝くヘリコプターかっこよすぎる。
nam

namの感想・評価

3.2
「1982年作、初の本格CG導入映画」

仕事の参考資料として鑑賞。
1982年というwindows1も発売前、インターネットも一般的に普及される前の時代にプログラムの世界を描いた映画。

当時はあまりにも斬新だったためか興行収入も振るわなかったようです。今観るとCGの差はどうしても感じてしまい、ストーリーもいたって普通です。

しかしこの作品がきっかけで当時の観客やクリエーターにも大きな影響を与えた作品である事は間違いないので、そう考えると感慨深いです。

そんか歴史の1ページ的作品。
トロントリロジーを改めて鑑賞してみようかと思いました。
和田

和田の感想・評価

2.0
非常に実験的な作品

ストーリーはあまり面白くないけど、今で言うシンギュラリティを描いていて、プログラムが人格を持つあたりはマトリックスなどにも通じるかな

それと、キングダムハーツでの再現°の高さを知ることができました
世界初のCG導入映画を見て思ったことはこれより前に作られたスターウォーズや未知との遭遇…やっぱすごいよ
82年でこれはマジでヤバすぎる、映画界におけるCGの全ての原点!!
シドミードが関わってるだけあって映像はまるで動くアメコミのようだ!
こういう世界観の映画を僕は待っていたんだ!!
これこそが映画ってやつだぁ!!
ken

kenの感想・評価

3.3
世界初のCGを導入した映画という事で気になっていたので見たけれど
思った以上にちゃんとしていてビックリした。カメラワークも滑らか。
もっとチープな作品かなと思った。
今見ると逆に斬新というかカッコ良く見えるシーンすらあった。
コンセプトデザインにシドミードが参加していた様で驚いた。
どのくらいの人と時間を掛けて製作されたのか気になった。
子供の頃に観てすごい影響受けた。マイコンゲームもやりました。レガシーを観た後にまた観たけど、独特の世界が好きです。
camuson

camusonの感想・評価

4.8
30年以上前、少年期にテレビ放映をでちょろっと見たことがあるが、覚えているのはバイクゲームのシーンだけ。それだけなのだが、卓越した3DCG技術と映像センスによる表現世界、その舞台がコンピューター内部のデジタル空間であるという、そして、その演じ手が擬人化されたプログラムであるという、これだけで少年の心をワシッと掴むには十分であった。

デジタルネイティブな人が見ても感じるところは少ないかも知れないが、当時のコンピュータに対する夢がひろがりんぐを封じ込めたような作品。今となってはノスタルジーに浸れます。
当時は斬新だったんですよ。
フューチャーを感じたものです。当時はね。
マイソウルムービー!一部層にはある意味バイブルな映画。今見るとショボいのは否めませんがが( ・∀・)

ゲーム特にMMO/MOでは、これの影響で道を志した人が多くいると思います。CGと言う未知の(!)存在、サイバー空間(なんて言葉はなかったが)へ自らが入り込む感動、「ゲームルール」に支配された世界と支配者との戦い、などなどルーツの塊なのです。俺もいつかこんな世界に行くぞ!とワクワクしたものでした。

プレイヤーを「ユーザー」と呼びたがるタイトルが多かったのは、この映画のせいではないかと勝手に想像しています。

さて志した結果は、トロンかサークかはたまたクルーか…( ゚Д゚)