月曜日のユカの作品情報・感想・評価

「月曜日のユカ」に投稿された感想・評価

斬新な構図・独特な台詞回し・そして悲しい愛の物語、もう凄すぎ!!
これが50年も前に作られたなんてヤバすぎる!!
当時のヌーベルヴァーグにも影響を与えたという今作。
今見ても全てが新鮮だ。
そして加賀まりこが小悪魔的で可愛い。
モノクロ画面から色が湧き出るようなオシャレでポップなこと!

観終わって言葉が出ないが、当時の人がこれを観てどう感じたのだろうか?
中平康監督が現代を撮ったらどうなるか興味がわいた。
なぜ月曜日なのか?なぜキスを拒むのか?
その答えが悲しくてそして斬新な映像とともに進んで行く。
ラストも圧巻でした!!

『月曜日のルカ』って映画もあるので間違えないように!笑
Punch

Punchの感想・評価

4.4
60年代の映画とは到底思えないほど軽やかでポップ。すごい、面白い。
めいこ

めいこの感想・評価

3.5
ユカが最高にかわいい。撮り方にいろんな工夫がされていてハッとするぐらい素敵な瞬間がある。ユカの過去とかお母さんの詳しいことはほとんど説明されていないので、推測でストーリーを読み解いていかないといけない。でも多分この映画はストーリーより、加賀まりこメインに作られているものだと思うのでそこまで深く考える必要もなさそう。かと言ってストーリーもお粗末なものではなく、本当に加賀まりこしか見てない馬鹿には勿体ないぐらいには中身もちゃんと有るので、結構しっかりした映画だと思う。今の時代でも素敵なオシャレムービー。
きすけ

きすけの感想・評価

3.5
加賀まりこが死ぬほど綺麗。
ただただ自分の脳みそが喜んでた。
だいぶアクロバティックな映像やけど根拠の無いセンスではないからずっとカッコイイしポップに仕上げてんのがヤバすぎる。
ShoseiH

ShoseiHの感想・評価

4.0
ユカ役の加賀まりこの演技には圧巻です。


斬新な技法がふんだんに使われていて、ぶっちゃけ技法に走りすぎだろとか一貫性のない技法の無駄遣いとかも思ってしまった自分もいたが、それがあったからこそ前半から中盤にかけてのオシャレでスタイリッシュな空気を醸成できていたのであり、それ故に終盤のまさかの展開による絶望感や厭世感を表現できていたのかなと感じた。

愛を失い、信心もって貫いたキリスト教によって自分の信念を踏みにじられ、どん底に落ちて何もかも断捨離してしまった先に何を思ったのか、強かに生きていこうとしているような孤高な後姿が印象的だった。
めちゃいい今だった
saki

sakiの感想・評価

3.0
2019/2

加賀まりこのひとつひとつの動作に
うっとりする作品。
何と言っても指が綺麗なのが印象的。

ユカは無邪気で素直な言動が、
愛おしくなるキャラクター。
加賀まりこの美しさと、
ファッションは現代と見比べても
劣らないものだったなぁ。
あおい

あおいの感想・評価

4.0
加賀まりこがベリベリかわいい🐱
momoko

momokoの感想・評価

3.0
キュートで小悪魔な魅力満載のユカ。
大きな瞳をくるくるさせて「パパ」と無邪気に呼びかける様は本当に魅力的。
パパとの関係もいやらしすぎず、、
でも毒っ気も強い。
ラストの力強い足取りのユカが好き。
>|