籠の中の乙女の作品情報・感想・評価

「籠の中の乙女」に投稿された感想・評価

het

hetの感想・評価

5.0
観たかった映画。
シュールで不気味で終始なにもかも狂っていた。
「乙女」とあるので少女をイメージしていたけれど16~18?にみえた
でもそれだけ長い間あの生活を続けていたのだと考えると狂気の沙汰
終わり方が少し物足りなかったけど、先がいくらでも想像できるのであれでよかったんだと思う
モザイクシーンがあまりにも多かったけどポルノ的ではなかったので良かった
お気に入りの映画の一つに加わりました。良作
pierre

pierreの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

やっぱりヨルゴス・ランティモス監督好き!
最初に思ったのは、1984年みたいに言葉を奪って思考を統制するような社会構造・組織の批判で、それをディストピアSFではなくあえて家族という社会の最小単位で描いているのかな…ということだったけど、
監督のインタビューを読むと家族を扱うことありきで作ったみたい。
でも実際これに近いことは現実に起こっていると思う。
都合の悪いことを知られないように統制して妙なルールを作って、対象が無知なのを良いことに謎理論で納得させるみたいな。
独裁国家とか校則とか、日本の政治も。
それらとこの家族が違うのは、子どもたちを守りたいという純粋な気持ち、愛情からやっているという部分かな。

この邦題のせいで、彼らは家に閉じ込められていること、実質の主役が乙女=女性一人=姉妹のどちらかだということが推測できてしまうから良くないと思う。

ダンスのシーン、犬の真似の練習、すごい最高。
kiko

kikoの感想・評価

1.9
こりゃダメだ。とてつもなくしょーもない。「ロブスター」「聖なる鹿殺し」を撮った監督とは思えない
これは時間損しますよ。他を観られることをお勧め致します。
らぴ

らぴの感想・評価

-
不思議な気持ちになる
ゴル子

ゴル子の感想・評価

3.4
ビデオテープで頭殴られた時相当痛かったでしょあれは!!
ただただシュール
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.3
完全にとんでもないものを見たような気がする。何の影響も受けないように子供たちを家に閉じ込めて言葉すら意味を変えてしまうような両親だけど両親ふたりは普通の俗物だし、それがまたなんか気持悪かった。子供達も成人してるけどどう見ても精神的に幼くて気持悪かった。おっかない映画だった。「犬歯」だもん、原題。
mei

meiの感想・評価

2.6
同じ監督のロブスターと聖なる鹿殺しが好きでこの作品も観たが期待していただけに少し残念だった。
変態的で気持ち悪い映画だったが、ラストシーンは色々と想像できて良い。
>|