籠の中の乙女の作品情報・感想・評価

「籠の中の乙女」に投稿された感想・評価

ageless505

ageless505の感想・評価

4.1
教育と飼育の違い?教育と調教の差?
ふだん常識として信じて疑わない<何か>をブラックに逆照射する不条理コメディ。

幼稚な性衝動や暴力性や所有欲をまったく隠そうとしない子どもたち、見た目の年齢とのバランスを著しく欠いたさまざまな奇行。父親(母親もだが)の<支配>の行き届きぶりがキモイ。

と、観ていてハタと気づくこと、
自国の経済発展の名のもとに、他国のリソース搾取を正当化する植民地主義がかつてまかり通っていたこと。
ミサイル開発が飢えた民を救う道であると謳うアジアの小国は今も実在する。
竹ヤリで戦闘機を落とせると国民に信じこませた国もあったり。
自分の信ずる神=正義の名のもとに他者の命を奪うことになんら疑問を持たない精神性。
衆愚政治の根幹に思想統制や情報操作があることは歴史の示すところ。
いかなる視野狭窄状態も悟らせない隠蔽システムは至る所にある。

本作で子どもらを外界から遮断する夫婦のその創意工夫?ぶりは不気味かつ荒唐無稽で痛々しい限り。でも父親が長女やクリスティナに見せた<目には目を>的な行動はハッとさせられる。
決して自分とは無縁とは思わせない作品テーマと数々の寓意的なエピソードに魅了された。ラストの不条理さがたまらない怪作。
おもしろい ハマった
も〜ランティモスの映画好きですよ〜〜

外界から子供たちを隔離して家庭内ルールに従って暮らす家族の話です
ダークサイドブリグズビーベア…笑


ストーリーというよりは、その世界観と独特の雰囲気で楽しませてくれるのがランティモス映画!

異常な環境のシュールさに笑わされた次のシーンではいきなりドライな暴力がぶっ込まれたり、テンションの上下が忙しい 笑

極端な長回しや顔を写さない不穏なカットなど、印象的な画づくりはこの時代からご健在!

ランティモス映画でしか味わえない、中毒者続出(※個人差ありまくる)のこの味、
一言で言うと「居心地の悪さ」!
最初から最後まで画面の前でソワソワしちゃう居心地の悪さ!
でも面白いし目が離せない〜ランティモス〜笑


あといろんな人が指摘してるけど、邦題&ジャケ詐欺!
ジャケの場面の左には、一緒に閉じ込められてる男の子もいるんだぞ
変な性癖に訴えかけるような売り方しやがってコラ




以下ネタバレ
・ランティモス映画、めっちゃ楽しめるんだけど、もしかしてこのシーンやこの言葉に隠れた意味が…?と勘ぐって結局わからんというね
実は博識な人ほど違う観点が持てるインテリ映画なんでは…
冒頭とラストの曲線とか何なんだ〜〜

・ダンスシーン好きすぎる 笑笑

・最後よくあそこで終わろうと思ったよね?
ロブスターと同じく、複数の結末を自分で考えることで
主人公にとっての幸せとかこの世界での価値観というのをじっくり反芻できる面白い終わり方だと思った!

・こんな世界嫌だけど、ランティモス界の家とご飯はめっちゃ好き
ぬ

ぬの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラストがとても素晴らしいと思いました。
家を飛び出した長女は車のトランクに隠れますが、そのまま出てきません。憧れた外に対する好奇心と恐怖で動けなくなっているのでしょうか。トランクは開かないまま映画は終わってしまいます。
このように長女は箱庭世界から脱出を試みるも、犬歯が折れてからでないと親離れできない、車でないと外の世界にはいけない、といった規則は守ります。それ以外の情報を知らない、と言った方が正しいでしょうか。箱庭からは出ましたが、結局出た先も箱庭。私達が生きているこの世界も情報が操作された箱庭。恐ろしい映画だと思いました。
ラスト…
唐突に断ち切られ
いきなり始まる無音のエンドクレジット

静寂の間、なんとも不安で居心地悪く

さて
この映画は 笑うべきなのか
怯えるべきなのか
隠された比喩を探るべきなのか
ヒタヒタと狂気に浸るべきなのか

塀に囲まれた完璧な清潔な家で
外部からの情報を完全に遮断され
言語さえもコントロールされ
家庭内のルールに守られて
育てられた子ども3人
(実はもうとっくに いい大人)

長男の性処理の問題
長女の外部への好奇心
完全なる支配者である父親
多分 元凶であろう母親

プール遊び
記念日のパーティー
良い子へのご褒美シール
一見 平和な理想的な家庭の狂気 狂気

「聖なる鹿殺し 」
ヨルゴス・ランティモス監督の
2009年の作品🎦

クセになる監督💕💕
「ロブスター」も観たいなぁ…

* 8/13 DVD鑑賞
みなみ

みなみの感想・評価

1.0
わけわかめ
しうち

しうちの感想・評価

4.4
狂気の中に美を湛えた映画が大好きなので、この作品もとても好みだった。

外界から遮断された家で育てられる子供たちとその両親の話。静謐な空気感の中で狂った躾が成される様に恐ろしさを感じればいいのかそのシュールさを笑えばいいのか分からないが、とにかく惹きつけられた。ホームスクール問題とかを考えるとそんなに現実離れした話でもないなと思ったり。

フラッシュダンスやジョーズ、ロッキーなどの往年のハリウッド映画へのアンチテーゼともとれるし映画賛歌ともとれる不思議な作品だった。こういう芸術映画にデカいモザイクいれるのは気持ちが離れるからやめてほしい。
ヨルゴス・ランティモス…
毎回監督作観る度に、目が点になるけれど、これも例外なく…

よく日本でも箱入り娘とか、猫可愛がりとか言いますが、その究極の形がこの家族なのね…

愛しすぎるが故に、自分の世界に家族を住まわせて、自分のみが外との繋がりを持って、全てのストレスを受けている!という究極の自己満足愛…
それに逆らうことなく従順なのかバカなのか、はたまたストックホルムシンドロームなのか、それに従っている家族…

お父さん、随分お年寄りで、もっと若い人でも、などと思ったけれど、年取ってできた子だから余計に外に出したくない、というところなのか…

ハッ…

家族とは社会的に一番小さな集団、社会…
これを国に置き換えてみたら…ゾッと背筋が寒くなる思いがしました。

人は社会的な生き物、もしかしたらこんな家族いてもおかしくないし、もっとわかりやすく言えば、これを国でやっているところ、あるよね…
>|