kei

この森で、天使はバスを降りたのkeiのレビュー・感想・評価

3.6
大好きな雰囲気の映画だった。世代の人からしたら切ないストーリーなんだが、この〝ちょっと昔の田舎〟特有の世界観は平成生まれからするとすごく新鮮なものだった。

情報の伝達は噂話からが基本。これが狭く深い人間関係を築いていて、良くも悪くもストーリーに関わってきます。今作を説明するなら、情に溢れているって言うのが1番かな。悪役も根っこまで腐ってはいないし。
切ないと言われているオチですが、個人的には充分ハッピーエンドですし好きです。
それに今作はそんなに泣けるシーンとか無いのに、何故かオチで泣きました。最後のシーンのの情報量多すぎて拾うの大変でしたけど、色々考えてたらもう。。(泣

ただ、脚本に至っては救い用が無い悪さ。展開の流れもバラバラですし、何より情報が少なすぎる。母親と息子の関係は未だに謎。
是非リメイクして欲しいんだが、この古臭さの再現は難しいかな。