ktr

ミッドナイト・イン・パリのktrのレビュー・感想・評価

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)
5.0
ウィットに富んだ会話劇に芸術要素が加わって最高のタイムスリップ映画でした。この作品を十分に楽しむには多少文芸の知識が必要になると思います。私自身西洋美術史を少し学習し、絵画鑑賞を趣味にする程度になり二度目の鑑賞。

まずお洒落なパリの街並みの魅力を十分に伝えてくる。
そして登場する芸術家全員似すぎでした。好色おじさんピカソ、ダリのサイ好き、ピカソとマティスの友情、ロートレックのマキシム、ドガとゴーギャン登場…といった芸術ネタにテンションは最高潮。
ポスターに『星月夜』を選ぶセンスも素晴らしすぎる。この絵のモデルはパリじゃないけど、それでも不安で混沌としたゴッホの大好きな作品。
雨が降る夜の街に歩き出すエンディングも完璧でした。

文学の知識もあればさらに楽しいんだろうなぁ…