sally

ミッドナイト・イン・パリのsallyのレビュー・感想・評価

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)
5.0
過去は偉大なカリスマ
ないものねだりはいつまでも
100%は存在しない
ささやかな喜びを共有して
雨のパリを美しいと言って
無意識に浮かんでは想うあなたと
心地良い真夜中の散歩

ウディ・アレンの最高傑作。

オープニングのパリの風景が、
陽気で美しくて、これだけでも素晴らしい。

タイムスリップ系は大好きだし
偉大な小説家や画家が出てくるなんて
もう、最高でしかない。
(ダリが一番似てると思う)

ウディ・アレンの作品はいつだって、
完璧に言いたいことを映画で言い切る
ユーモラスでウィットに富んだストーリー。
観終わった後すっきりするし、
メッセージが明確だから学びが多い。
観客に解釈を委ね過ぎないところが良い。

陽気な音楽と、多めの台詞もまた◎

レア・セドゥは出番は少ないながらも
とても存在感のある役。
好きな女優さんの1人。
あの蚤の市みたいなところで
レコード買ったり本を買ったりしたい。

この映画のテーマは、
"理性と感性"だと思っている。
続きはコメントで。

(パリに行きたくなったなぁ…)