芹沢由紀子

ミッドナイト・イン・パリの芹沢由紀子のレビュー・感想・評価

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)
3.3
評価が高いので期待してしまったけど、好きではなかった。
豪華な俳優陣が見れる。ただそれだけだった。
いい女が次つぎに現れる。男に都合がよすぎる。ドリーマーが夢を見るお話。
オーウェン・ウィルソンは好きだけどいいキャラではなかった。
でも私生活で自殺未遂した後も、元気そうでよかった。現役で頑張ってほしい。
エイドリアン・ブロディーがサルバトーレ・ダリの役をしている。そう見えてくる。
ウッディー・アレン作品をあまり見たことないけど、自分とは相性悪そう。