カカオ

ミッドナイト・イン・パリのカカオのレビュー・感想・評価

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)
3.4
結婚を約束した彼女と彼女の両親でパリへ旅行中に起きた不思議な物語。路地に迷いこんだギルは、真夜中の12時にレトロな車に乗ると1920年のパリにタイムトラベルできることを発見する。滅多に他人の意見を聞かない主義だが、自分の小説をヘミングウェイが認める者に意見を求める。

パリの魅力が十分に伝わる作品。
街並みの色合いとBGMが心地よい。

当時の偉人が次々と現れ、テンションが上がるところが共感できる。














理屈で説明するには不十分なタイムトラベルの方法が少し引っ掛かるが、古き良きパリの時代を堪能できる。
でも、悲しいかな浅い知識では十分に堪能できたとは言い難いかもしれない。

よく考えてみると、現在の偉人に簡単に会えるわけでは無い。タイムトラベルしたからと言って、過去の偉人に簡単に会えるところもツッコミどころだけど、それを言っちゃーおしめぇーか。

オーウェン・ウィルソン、小説家としてのプライドや、軽率なピアスのプレゼント騒動には共感が得られないが、大物の素質というモノは、こういうところなのかもしれない。自由奔放な役柄が良く似合っておりました。

レイチェル・マクアダムス、キュートなお嬢さまが良く似合っておりました。