ミッドナイト・イン・パリの作品情報・感想・評価・動画配信

ミッドナイト・イン・パリ2011年製作の映画)

Midnight in Paris

上映日:2012年05月26日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ミッドナイト・イン・パリ」に投稿された感想・評価

ayu

ayuの感想・評価

-
パリの街が素敵。
みんな昔がいいものなのかな。
Y

Yの感想・評価

3.5
時代ごとに移り変わるパリの風景がどれも素敵だった🥺
BGMに最適な映画
今年1好きな映画だった
mana

manaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

単純にパリ行きたくなるしパリってやっぱり絵になるなぁ〜と思った。
自分があの時代が黄金時代だ!って思っていてもその時代の人にとってはそうでもなくて…が繰り返されていた。
n

nの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

大好きな作品。
ウディ・アレンが苦手な方や食わず嫌いの方、是非観てみてください。本当にこの作品の虜になります。

オープニングから掴みが最高です。
セーヌ川、エッフェル塔、モンマルトルなどの観光名所を中心に美しいパリがジャズに乗せて映し出されます。
芸術的な建物や大きな橋、石畳を歩く大通り、カフェのテラスでひと息つく人々、緑の生い茂った公園、全てがドラマチックで恋焦がれてしまう。
詩的な気分になったり、少し病的にパリに酔いしれたり。

主役のオーウェン・ウィルソンが本当に良い味出してる。
パリへの憧れが強く、いつかはパリに住みたいと思っていて、知的でどこか素朴。飾らないアメリカ人、ギルを演じています。
一方、ギルの婚約者であるイネスは現代の上流階級のアメリカ人を象徴したような女性で、レイチェル・マクアダムスが演じています。
すごくキュートで、着飾っていて、アメリカ以外は住めないと発言するほどアメリカ至上主義であり、ギルとは正反対の性格。
対照的に描写しているだけでなく、猛烈な皮肉を感じる。

ギルが夜の街をひとりで散歩していたら、ひょんなことからヘミングウェイやフィッツジェラルド、ダリなどが暮らしたパリへタイムスリップします。
これが本当にノスタルジックで、ロマンチックで、ファンタスティックで。
芸術ファンにとってこの時代に憧れを抱く者は多いはず。
そして心をくすぐるだけじゃないところが本作の良いところだと思う。
そこでギルは彼らと交流し、自分自身を見つめ直していくのです。

That's what the present is.
It's a little unsatisfying because life's a little unsatisfying.
「現在って不満なものなんだ それが人生だから」

ウディ・アレンは、過去は現在より美しいという考えを肯定しているわけではありません。
誰しもが現在に不満を持ち、あの時代は良かっただろうと思いを馳せるのです。
同じようにその時代に生きた人も、またその時の現在に不満を持っているはずです。

Actually, Paris is the most beautiful in the rain.
「雨のパリが一番きれいなの」

ギルが選んだラストは胸を打ちます。そのラストシーンは、セーヌ川にかかるアレクサンドル3世橋で。いろんな意味で美しく、うっとりするようなエンディング。

実際に私がパリに訪れたときは真冬だったので雨は降るし、常にグレーの空で。
しかしそんな物憂いな感じが逆にパリらしく、それでいて美しい。そう思える街でした。
またパリに行きたい。そのときはまたこの作品を観よう。
シーラ

シーラの感想・評価

2.5
ギルの性格だからこそ、意味ある映画だなー、と思った
寝落ちを6回くらい繰り返してやっと見終わった
今すぐパリに行きたい、、
ずっと前からパリの夜景をひと目みたいと思っていたけれどその想いがさらに増した。どこを撮っても綺麗な街並みに心惹かれました。初の海外旅行は必ずフランス・パリに行くと心に決めました。どうか旅行の日のパリは雨が降りますように
hlblkl

hlblklの感想・評価

-
今を生きること。正直になること。
YuiFukami

YuiFukamiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

「現在には不満を感じるものだ。なぜなら、人生って不満を感じるものだから。」
いつでも過去は鮮やかに見えて魅力を感じてしまうものなんだと思った。主人公自身も最後は現代を選択しているように、今を楽しむことの大切さを教わった気がする。
話自体はタイムトラベルでSF系だったけど、音楽も街並みもフランスを思い出させてくれて、もう一度フランスに行きたいと思わせてくれる映画だった。見終わった後の清々しさ。
雨の日も悪くないと思える映画
>|