ミッドナイト・イン・パリの作品情報・感想・評価・動画配信

ミッドナイト・イン・パリ2011年製作の映画)

Midnight in Paris

上映日:2012年05月26日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ミッドナイト・イン・パリ」に投稿された感想・評価

Duckfeet

Duckfeetの感想・評価

3.8
面白かった。どうってことない話なんだけどパリの景色が綺麗で音楽も良い。全体のトーンが落ち着いているところが好き。
ぽあい

ぽあいの感想・評価

2.7
自分アホすぎて
パリのロマンがわからんかった
Saya

Sayaの感想・評価

4.2
昔は良かったってよく言うけど、自分が経験したことない時代って本当によく良く見えたりするよね
特に街並み
K

Kの感想・評価

-
the good old days 古き良き時代へ本当に行ってみた。そこでは…


自身の体験としての「あの頃はよかった」を超えて、史料を通して感じる「あの頃はよかった」。いずれにしても、過去への憧憬は人類普遍の心理なのだろうか。最も、かくいう私こそ、懐古主義の権化のようなものであるので、主人公・ギルの見せるこの物語の片鱗は私と大きく重なった。


誰もが憧れる花の都パリで紡がれる、少し不思議なノスタルジア体験。しかしその体験の先では、自分の思いがいかに独りよがりであったかを思い知らされる。すなわち、結局のところ人間はあらゆる時代を通じてどこまでいっても同じ生き物なのだ。


パリの美しい風景・街並みと、文化・芸術の華々しさを感じつつ、私自身への痛烈な批判でもあったこの映画は、人類普遍の思いを軽やかに描き出した名作。


しかし人間がただ物質的に存在するのみならず、時を経て、時を思い、さまざまな日々を心に刻んでいるからこそ、この世界の時間に占める人間の割合は限りなく大きいのである。その純粋な思いはそっと綿に触れるように大切にしておきたい。


「人間は、まるで歳月のなかに投げこまれた巨人のように、さまざまな時期に同時に触れているのだから、(中略)人間の占める場所はかぎりなく伸び広がっているのだー果てしない『時』のなかに。」
ptale

ptaleの感想・評価

3.8
中の人の自由さが心の底から羨ましい。トム・ビドルストンのフィッツジェラルドが完璧すぎる。
Karen

Karenの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

まずパリの景観が美しい。映画を見ていると私もふらっとパリへ移住したくなる。
そして夜中のパリの散歩中に昔の車が通ってそれに乗ると過去にタイムスリップするって言う物語もすごくロマンティックだと思った。
ハミングウェイとかピカソとかダリとか普通に著名人出てきすぎて、主人公の興奮度合いに共感(笑)
とにかく最後まで素敵な映画だった。
パリって素敵。
Ardilla

Ardillaの感想・評価

5.0
知識が問われる作品

きっかけは星月夜が好きだから。
単にスリップして偉人達と出会うコメディじゃない。
最初に観た時は名前は知っている偉人がたくさん、でも人物像は知らない、勉強してからもう一度観た
2度目は、彼らの性格や思想が色濃く現れているし、知っているから笑えるユーモアが描写されているのが理解できて面白かった
ゴッホが登場しないところもとても素敵で、主人公のギルをゴッホと重ねているのかななんて。
ずっと夢を観ているような映画でした。

とりあえず、パリ最高!
>|