ミッドナイト・イン・パリの作品情報・感想・評価・動画配信

ミッドナイト・イン・パリ2011年製作の映画)

Midnight in Paris

上映日:2012年05月26日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ミッドナイト・イン・パリ」に投稿された感想・評価

非常に副題を抽象化しやすい丁寧な作りであった。
パリの街並みを綺麗に映しておりただ単にみるのにも退屈しない映画だった。
なっつ

なっつの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

たくさんの偉人がでてきて、芸術好きな人はこの作品きっと凄い好きになるだろうなぁって思った。自分はあんまり人知らないから、主人公が興奮しているのをうんうんってしかみれんかった。共感してあげたかったなぁ、勉強しようかなぁとか思った。
でも、パリの街並み凄い綺麗。雨降っても。夜でも。
remi

remiの感想・評価

4.0
とにかく、パリに行ってみたくなった。
ug

ugの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

音楽、映像美しい
ヘミングウェイのキャラいい
芸術家たちは皆イメージ通りに作り込まれかっこいいし独創的
そしてアドリアナが美しい
エイドリアンブロディかっこいい
ストーリーは、現代の人間の美しくない部分が目につく、それも主人公の目を通したものなのかもしれない。20年代の人々だってベルエポックの人々だって美しい面ばかりではないのだろう。
だからこそ懐古主義や拒絶主義、思い込みや強迫観念から放たれて真の目で見つめ現実と立ち向かうことが大事だと感じる。

思想的な点はそのくらいにして、20年代とアドリアナの魅せ方は美しい、次々と出てくる20年代の偉人たちがワクワクさせる、映像のマットさもかわいらしいし現実との対比が面白い。主人公やその婚約者らの現状にイライラさせられる部分もあるがその分主人公同様見ている側も夜のパリ、そして20年代のパリを待ち遠しく思わせられ魅せられていく構造がよかった。


浮気も夢も最後の恋もパリが見せる夢か
最強おしゃれ映画。
僕の好きが詰まっていたが、現代のシーンにストレスが多く残念。
saaya

saayaの感想・評価

4.0
💯💯💯
ひゅん

ひゅんの感想・評価

4.2
ずっと気になってた映画を〜🎞🎨🎻

こんなお洒落で洗練された映画初めて見た、、
切り取られるパリの街並みがいちいち素敵で、訪れてみたくなったなあ。特にあの石畳の階段!🛵🌉

わたしでも知ってる20世紀の芸術家が沢山出てきて、もっと絵画とか小説に詳しかったら、10倍楽しめるんだろうなあと・・👨🏻‍🎨
ヘミングウェイの小説読んでみるところからわたしは始めます📖笑
natchan

natchanの感想・評価

3.6
レイニーデイインニューヨークを彷彿させる映画だと思ったら同じ監督🤦‍♀️

詩的な世界観がとても良いし、素敵な街並みのカットに憧れがとまらないし、ジャズのbgmは雰囲気抜群だし、ファッションもこだわりが感じられて大好きなんだけど、、、。

構成がどうしても好きになれなくて。
どちらの作品も、ロマンスを追いかける彼氏と、それを理解できない俗っぽい彼女。

監督の芸術家への愛情と同じくらい"教養"人への批判を感じてしまう。せめてお互いを受け入れるエンディングにしてほしかったなぁ、、。

まぁ、きっと深く考えずに雰囲気を楽しむのがこの映画の正解なんだろうな!色々思いすぎて感想長くなった!
序盤はめっちゃつまらないなー。観るのやめようかって思ってたら、どんどん惹き込まれた!

なんかこういうの魔法みたいで好き♡
>|