どーもキューブ

ロード・トゥ・メンフィスのどーもキューブのレビュー・感想・評価

ロード・トゥ・メンフィス(2003年製作の映画)
3.6
メンフィスからブルース

リチャードピアーズ監督。

製作マーティンスコセッシ。

ボビーラッシュ。各地をバスで周りブルースを披露する。

そんな彼の日常からステージまで追います。

また、ブルース、ロック発祥の地、メンフィスの通称「ビール通り」といわれるかつてのブルースマンの繁華街を紹介。

B.Bキングのインタビューから移動中の様子をカメラは収めます。

ハウリングウルフ
アイクターナー
リトルミルトンのプレイ!

エルビィスを録音したプロデューサーの姿!

彼の白人黒人音楽の話、一触即発!

黒人専門のラジオ局に出演するBBキングの話。

やはり黒人差別に怯る話しは切実です。

20年もクリーニング屋をやって復活したピアノ奏者ロスコーゴードンの撮影後の死。

なんともの悲しい!(ロックにおされて)

「僕は人気がなくなった」

ブルースをつなげるメンフィスのブルースドキュメンタリー!

ノリノリなゴスペルに「イェー」という牧師さんに異文化だなーと感じる!

 2009年4月3日 9時46分レビュー