アダプテーションの作品情報・感想・評価

「アダプテーション」に投稿された感想・評価

ピピ

ピピの感想・評価

3.6
チャーリー・カウフマン役をニコラス・ケイジが演じた、ちょっと実話を元に作ってるであろうフィクション。

チャーリー・カウフマンの弟?役もニコラス・ケイジという異次元で、でもその仕草でどっちがカウフマン役かはすぐ分かる演技力。

引っ込み思案でチャンスを逃すカウフマンに激しく同感し、だから私はカウフマンの作品が好きなのかなと気づいた。

私はもう一人の弟ニコラス・ケイジは実際存在しない、自分の中にいる本当は明るく天真爛漫に振る舞いたい自分自身なんじゃないかと思って観てみました。
ニコラスケイジ が大好きな人こそ
うん

アメリカンコメディと日本人の笑いは違う気がする

でもやっぱりニコラスケイジ はすき
"adaptation"の意味は「適応」の他に「脚色」という意味もあるそうで、字幕中の役は「脚本」でした。
作中の本『蘭に魅せられた男』は実在するそうで、レビューを見ると、映画中で指摘されている通りの作品のようです。
チャーリー・カウフマンの苦悩を本当に投影しているかのように見えます。

いろいろ好きな点は多いのですが、正直言って地味です。
地味ですが、奇妙です。
フワフワとしていてヒヤヒヤする。
どことなく綱渡りを見ているような、そんなところが好きなところです。
wai

waiの感想・評価

3.8
脚本にカウフマン自身を登場させた瞬間、後ろから猛スピードで追い抜かされた気分になった。変な映画。
エンドロールの最後で「どこまでがリアルなのか」何も信じられない状態に。
気になって調べた実際のカウフマンはハゲでもデブでもなかったし。
Ramy

Ramyの感想・評価

5.0
とにかく最高だよね。自分がどう生きたらいいか、わかんないんだろ?これ観なよ
ニコラスケイジが凄い俳優である事を再確認する映画 この映画を書いた脚本家が主人公で彼の脚本家としての苦悩をそのままぶちまけた内容。だからこの映画を受け入れられるかは 脚本家のパーソナリティを受け入れられるかにかかっている。
主人公が脚本のレッスンで内面ナレーションを否定されてからこの映画自体の内面ナレーションが激減したり 原作というタネを映画という花にするために思考錯誤する脚本というプロセスを示すラストのタイムラプスなどいちいち芸が細かい。
nakaji

nakajiの感想・評価

-
いつ見ても変なフィルムやなあ。双子のニコラスケイジって。それだけでおかし過ぎるやろ。作品としては破綻しているんだけど、この破綻ぶりは嫌いじゃない。ちょっとレビューっぽいことを言うと、この「破綻」は、原作から映画化への「アダプテーション」(環境への適応、進化)には避けられないもの。創作のアダプテーションの問題自体を作品化した、メタで野蛮な作品。
>|