イチロヲ

ブルーベルベットのイチロヲのレビュー・感想・評価

ブルーベルベット(1986年製作の映画)
4.5
故郷の田舎町に帰省した青年(カイル・マクラクラン)が、茂みの中から何者かの片耳を拾ったことを契機にして、思わぬ事態へと陥れられる。非日常性との隣り合わせの恐怖を描いている、巻き込まれ型のサスペンス映画。

デヴィッド・リンチ作品に一貫しているのは、人間の目に見える世界の裏側に潜む、「見えない世界」を描くということ。鑑賞後に、嫌なものを見せられたと憤慨する人がいれば、気づかないところに気づかせてくれたと絶賛する人もいる。そこが、リンチ作品の大きな醍醐味。

演出面では、定点カメラによる「覗き」のシチュエーションが印象鮮烈。とりわけ、主人公が痴女に襲われてから、デニス・ホッパーのHENTAIぶりを覗き見るまでの、一連の流れが至高(ヘンテコな言葉使いが日本語字幕で表現できないのが心惜しい)。

主人公が巻き込まれる事件の背後に、サドマゾ心理が潜んでいるという展開は、江戸川乱歩「D坂の殺人事件」を想起させるものがある。情欲に惑わされた主人公が、非日常的な世界に刺激を求めていくあたりも、極めて乱歩的と言える。

ちなみに、私が贔屓にしているファミコンゲーム「東方見文録」には、登場キャラが何の脈絡もなく「ブルーベルベット!」と叫び出すシーンが登場する。スタッフのお遊びだったのだろうが、当時子供の私には「?」しか浮かばなかった。