ブルーベルベットの作品情報・感想・評価

「ブルーベルベット」に投稿された感想・評価

陽光の日常から混沌のダークサイドヘ…理解するというより感じる映画。
デビット▪リンチはこうした魔性的画作りに特異な才能を発揮するけど、この作品は自分のなかに残らなかった。何となく、観るタイミングや観る人によってその気づきに差が出そうかなと思う。
(ぶっちゃけ自分は、この作品の良さは理解しきれてない…)
 最高なほどに刺激を受けますわ。

 光の裏に潜む闇の世界、そこへ好奇心を抱けば 全てが暗闇に包まれていってしまう。

 とんでもなく狂っており、信じがたいのだけれど それは現実の世界。まるで悪夢のようだけれど魅力的な世界。

 こんなにも魅力的に表と裏が描かれていただなんてっ!

 切り落とされ 腐敗した耳から始まる、魅力的な悪夢。 欲望に満ちた危険人物ども、SMで極端に愛を求める女性、監禁された父子、内面に共通する欲望...

 そして 精神をおかされるほど シュールで悪夢的なビジュアル。

 夜に揺れる赤いカーテン、ブルーベルベットのドレス、光と闇、暗闇に消される火...

 実際はそんなにグロテスクな画でもないのに どこか恐怖、不安を感じさせられる この独特でシュールなデヴィッド・リンチ様の雰囲気は 最高としか言いようがないわね。

 まさに、この世 の 裏 を魅せられている感じ。

 素晴らしすぎてクセになりそうだわ。
草むらで切断された片耳を見つけたことから、青年は街の暗部に足を踏み入れていき、、、

あらゆる瞬間で基本的にハラハラさせられる。家宅侵入だけでなく、彼氏に内緒で別の男と待ち合わせするのすら詰めが甘かったりして面白い。

主人公と女性歌手が、唐沢寿明とベッキーに見えて仕方なかった。

修羅場が5個くらい連発されて地獄。
「あとは警察の仕事だ。」は最高のギャグ。
歌手なのに歌が下手。
Ty

Tyの感想・評価

4.2
二兎追うものは一兎をも得ず的かな〜って思ってたけど最終的に全部得ててよかった
ゲームのバイオをプレイしてる感覚
ゐわた

ゐわたの感想・評価

3.0
不穏でスリリングで倒錯的。分かる風に書こうかとも思ったけど、ぶっちゃけ難解で分からなかった。非日常・異常から得られる背徳の快感は結局平穏や安定に勝るのだろう。
耳を拾って始まるサスペンス設定は好き。
Lulu

Luluの感想・評価

5.0
そこに不気味で美しいひとつの完ぺきな世界を作ってしまっているので星5

やっと初デヴィッド・リンチ作品。他の作品も観るのが楽しみになった〜!
平和な田舎町で、青年ジェフリーが切断された耳を偶然発見する。事の真相に興味を持った青年は、不可解な事件に巻き込まれていく。

耳に始まり耳に終わるリンチのカルト映画
(『マルホランド・ドライブ』での"箱"的な?)
リンチ映画の中ではわりとあらすじがはっきりしている作品らしく、めちゃくちゃ身構えてみたからかなんとなく拍子抜け

表と裏
暴力と倒錯

ああ、リンチぽいなあっていうシーンが多々あって気味悪い
オープニングのシュールな光景やら、車の上で踊ってる少女やら、オレンジのスーツの男やら
なんかリンチの世界観て、日本人には合わなそうな感じがするから、意外と評価が高いことに驚いている....

リンチの作品は難解な分、ちょっと無理やりな考察もできるので、いろんな人の思いもよらないような考察を読むのが楽しいです

エンディングはちょっと意外な感じだけど、どうもハッピーエンドにはみえなくて怖いですねえ


ヒロインがローラダーンだった.....ジェラシックパーク観たばっかだったのにつらい.....
雑草

雑草の感想・評価

3.6
リンチらしく不穏でエロい感じ。
話自体はストレート。
ゲートとしての耳。
>|