ASA

世界中がアイ・ラヴ・ユーのASAのレビュー・感想・評価

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)
3.5
2015.1.10 :鑑賞@自宅

やっと卒業制作を提出し終えて、
しばしの映画解禁♡
遅ればせながら、皆様あけましておめでとうございます。ここでは素敵な出会いもあり、少し悲しい思いもしました。が、それ以上に知らない映画に出会え、それについての話を気軽にできて、さらにいい映画を教えてもらい…と、いいこと尽くしですごく楽しく勉強になっいます。
今でも自分の記録用のレビューでしかありませんが、イイね・コメントして下さると、内心とても嬉しく、緊張しながらお返事しています。拙いレビューですが、これからもどうぞよろしくお願い致します。
これからも皆様のレビューを楽しみに見させていただきます。

***
年始一本目は思いがけずスターウォーズでスタートになったけど、年末にバイト先のおじちゃんに借りてた映画3本を見なくてはいけない!そのうちの一本。
ウディ・アレン監督作品 !

ミュージカル調に一つの家族の一人一人を紹介しながら、それぞれの恋愛事情を追っていく作品。ニューヨークとフランスが舞台になっている。
「愛に見放された、もう恋はしない」と散々口にしながらも、すぐ恋に走っちゃう登場人物たちが、どこか愛くるしい。
音楽もレトロでポップで、ディズニー映画の様。オバケが踊って歌ったり、人が宙に浮いたりと、ファンタジックな作品やった。ミュージカルということもあり、みんなそこまで良い人間ではないし、ダメなところもあるけど、常に明るい気持ちで生きているのが良い。
オバケのダンスシーンの手前のセリフからがお気に入り。

ラストシーンが、どこかあれっぽいなと思ったら、そういえばあれの監督やった。(*´◒`*)
オーウェン・ウィルソン主演の夜のパリが舞台の私が定期的に見たくなる作品。DVD買おう。

つまらない人にとってはつまらない作品やと思うけど、私はどこか自分らしさを感じて楽しめた。(ぶっ飛んでるところ。)(でも評価は微妙)

<2>