ヘヴンズ ストーリーの作品情報・感想・評価

「ヘヴンズ ストーリー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

瀬々監督の長い天国へのものがたり


ベルリン映画祭国際評論家連盟賞受賞
脚本佐藤有記。
監督瀬々敬介。



アンダーグラウンドからメジャー難病物、娯楽大作まで撮りあげている瀬々敬介監督。

最初作は、なんと「女相撲」という事で「菊とギロチン」が公開中。またまた、渾身の、力作やりたい作品の匂いがする。

そんな瀬々監督の長編映画が誕生。ツィッターで知る。何やら四時間強の作品。わがシネウインドにて上映もしていた。

ソフト化ならないかなあ?と心配してたら見事ソフト化。監督も「未ソフト化」を再上映の宣伝に付けた手前があったようすインタビューより。

裏ジャケ見るとクリミナルな文字。瀬々監督のテーマっぽい「殺人」「人間関係」の様子。

瀬々作品は今や全国区「千原兄弟」弟、千原ジュニア主演の「ヒステリック」のみ鑑賞。何気にボーイミーツガール物の小さな傑作。
昨今瀬々監督とジュニアのトークショーも開かれていた。行きたかった(東京に嫉妬)

上巻見てすぐに下巻をレンタルして鑑賞しました。



まず殺意、もしくわ殺人の消極姿勢のお話しだというのを受け入れられる方という大前提でお願いしたい。

映画は娯楽だけじゃない、違う物も見たいというお客様は確実にいる私だが。

そんなんあり得ないとか
いきなりそんな行為とか
いやあそれはねーろそこでとか
そんな連続映像だ。

だ、か、ら、あえての面白いネガティブ物語。作家性の強い映画である。だから面白いと思う。少なくとも妥協なき世界観を魅せてくれていて見ていてとってもすがすがしさも感じた。規制や事務所駄目だしも何ものもない感じの潔さも感じた。あと長さ278分を体感覚悟必須だ。



とりあえず2018年自宅鑑賞今のところナンバーワンの圧倒的重たいお話しぶりで引っ張る瀬々殺人から沈む天国物語のうらみつらみ。おもーたくも面白かったです!

9章からなる物語。
物にまつわるサブタイトル。から連なるやる人やれられる人と繋ぐ太陽、団地、僻地。

一見すると詳細な相関関係を頭に描きながらも、次第に見ていくと

どうやら悲しくも
何かにとどまる悲しみ

憎しみ
あきらめない
セックス
気まぐれ

たまたま

消失
廃墟
突拍子行動
殺意
家族
子供、子孫、以心伝心
再生
人形
失意
どん底
代行
逃避
寓話
自然に溶ける
天国、ヘブン
自分たちのヘブン
等々
さまざまな単語を見ながら俳優のもみあい、悩み、追いかける姿を通す

次第に論理的に繋げようとする筋オイたる思考は、画面上の苦しみに重ねつつ、
瀬々監督の表現するキャラクターの姿に何かを見る。

ラストの説明過多なんかもしれないが、私はそんなん思わずの歌も含め、大変面白かったです。

圧倒的な柄本明と佐藤浩市の素晴らしい存在感必見。
特に佐藤さんってこういう曲がった役が見れるのは、本来の日本映画の見所だと思う。佐藤浩市=真面目、熱血、一途みたいや役ばかり。なんでこういうぶっ飛んだ反対価値の役を見たい訳があると思う。
ムラジュンとヘンテコなやりとりのなか瀬々監督の廃墟ワールドが展開。この話必見。
村上淳も本作参加が強烈な印象になっているようです。インタビューにあり。

見ていくうちに確かにこれは一般劇場では出来ない事象がいくつも出て来る。シネコンにかけられない感じ。自主制作に近い本作だからこそ撮影1年、撮りながら脚本追加していき3時間が4時間になっていったよう。

中盤に入り
誰だこの圧倒的女性に歌手の山崎ハコさん。忍成君と瀬々ワールドをさまよう。
忍成君は、裏若手のネガティブ俳優だが、もっと売れてほしいですね!「リリィシュシュ」でお見かけしてからの久々の再会。

全編にほぼ出る長谷川朝陽。なんか見たことあるなあと思ったらコント集団「ジョビジョバ」の方だった。
監督曰く起用理由

「雀荘にいそうな人」

とのことで。熱演力演しておりました。もっと活躍して欲しい。深い悩みの瀬々谷に挟まれている役だ。

そして本作の子ども達も必見。全然ナチュラルな子ども達ではない。
ゆがんだなかから
もがき走り
間違いなく間違いにむけて
一心に突っ走る
自分たちの天国を探しに。

瀬々監督の投げ出した
ヘブンズワールドに時々ドキドキしながら、ラストなんとも言えない感慨になりました。

瀬々監督インタビューに黒沢清の「CURE」を明確にあげていて本作影響受けたカットがありましたね!見たときまっさきに思ったが、やっぱそうだった。

なんか瀬々監督に

「人は殺す可能性もある
殺される失意もある
そのなかに俺は俺をうづめて真剣に考えてみたよ!俺のヘブンズストーリー。長くても見てみろよ!ほらっ!なにが広がる!っ」

と言われたようなそんな気がした。

瀬々監督の天国にあの屋上風景と眩しい日差しと悩み奔走する残像を私に残した。



さて
瀬々監督、渾身のヘブンズ!!ロングヘブンズストーリー

瀬々監督ファンは、ぜひ!

本日やっと書けた、。
k.s シネマ
たぶん今日観なければ一生観なかったとおもう作品、頑張った俺!
これを撮りあげるのは凄い!
面白いとか面白くないとか
そんな手ぬるい二分論じゃ語れない
「業の深い」映画だなというのが
初鑑賞の印象でした

家族を殺されて
ひとり遺された幼い女の子が
同じく家族を殺害された
一家の父親の
「犯人は絶対この手で殺す」という
強い姿勢に共鳴して
傾倒するようになる様や

「いまの司法では、無期懲役が限界」と
かつての少年犯罪における
死刑の適否の判断基準となっていた
「永山基準」の限界を匂わせてくる
台詞が出てくるあたりは

いやでも
「光市母子殺害事件」を
想起させられる

「殺されたら殺し返す」という
ハムラビ法典的な負の感情の
発現が本当に「正義」なのか?

負の感情が負の行動に発展しても
残るのは負の結果ではないか?

もっと極端な話
「天は必ず悪い奴を罰する」という
宗教的で非科学的な発想は
自らの負の感情やエゴの発現への
独善的でしかないのではないか?

宗教が、そのような
割り切れない負の感情や行動を
正当化する根拠として作用してしまう
側面があるのではないか?

という社会への問い掛けや

とはいっても
事件の加害者側に思いを馳せて
この独善的な発想を無くすことは
そもそも可能なのか?

という感情面への問い掛けを通じて

「正義/悪」の二分論を
大きく揺さぶる作品だと思いました

犯罪被害者は犯罪被害者らしく
不幸を纏って生きなくちゃ
いけないのか?

犯罪加害者は犯罪加害者らしく
自分の未来に希望を持っては
いけないのか?

社会になんとなく充満している
「〜〜らしく生きる」という
社会的要請を伴う同調圧力から
抜け出すことで
生きづらさから解放されることが
あるはずだ

上手く言葉で表せないけど
こんなメッセージを
私はこの映画から受け取りました

この映画が提示したメッセージは
きっと一生かけて考えていかねば
ならないのだと思います…
ミツヒ

ミツヒの感想・評価

4.0
勾配のある地形を活かした拳銃アクション
masayo

masayoの感想・評価

3.3
随分以前に見ようと思って途中で辞めてしまった作品(^^;
改めて2日かけて鑑賞!!
1日で見るのは辛い(^^;
なんだろ…
両親と姉を殺されてしまった少女が
もっと早く家族の死と向き合えていたら
こんなに多くの命が失われずに済んだのでは?と感じてしまった。
様々な形の悲劇…
乗り越えるには1人では重く苦しいけれど同じ感情の者も存在はしない
とても難しいストーリーだと思う。
buenavista

buenavistaの感想・評価

3.1
率直な話、長いなぁ
実話ベースにしては、
もう少し感情に響かなかったかな
人形劇は良かったけど、
北野監督のドールズを思い出してしまった🎵
mo

moの感想・評価

3.5
さとちゃんの眉毛にうっとり。
村上淳好きなのに、このキスシーンはやたら生々しくて思わず嫌な顔してしまった。虹郎の気持ち。
バンドしてる女の子が泣いてTシャツ引きちぎるシーン、みんなに観てほしい。
あ

あの感想・評価

-
前編の途中で止めました。
うっかり家族と見てしまい、後悔しています。
瀬々作品はエグいのが多いから気をつけます。
aki

akiの感想・評価

2.0
前半の、バンドやってる女が出てきてTシャツ破るあたりからシラけてしまった…

このレビューはネタバレを含みます

映画館で見ました。90分でも成立したんじゃないかと思うくらい長いことに意味がない。。
忍成修吾はお腹打たれてるのに動きすぎだし、なにその生命力…。警官なのに銃隠すのトイレタンクとか見つかりそうなとこだし、横浜にいたかと思ったらいきなり船移動出てくるし、色々粗が多くて見てて引っかかってしまう。
最後のエンディングが、映画で伝えたかったメッセージを過剰に説明してくる歌で更に追い打ちかけてくる。
>|