イディオッツの作品情報・感想・評価

「イディオッツ」に投稿された感想・評価

ピピ

ピピの感想・評価

3.5
やっと観た、
障害者を演じる健常者集団の話。

音楽とかもあまりなく、手持ちカメラで撮られたドキュメンタリー風なんだけど、終始衝撃的で迫力がある。

『奇跡の海』でカンヌグランプリを取って、今作挟んで、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でパルムドール。

すごいキャリアの積み方してる。
この無名俳優ばかりで撮った、ドグマ95の『イディオッツ』の存在感たるや。



イェップだけずっと障害者演じてないか?という疑問ありつつ、どうなったのか分からなかったので、教えてほしい。

エンドロール手書きなの好き。
ドルビーのマークも手書き。
Ukosaaan

Ukosaaanの感想・評価

3.7
ドグマ95作品であり、知的障害者を装って人々を騙したりお金を稼いだりと社会に挑発する集団をハンディカメラで追うモキュメンタリースタイル。
役者や演出は基本的に即興で、本物の障害者が現れたりグループセックスを始めたりタブー極まりないけど、それ以上の深いメッセージ性を持つ本作は貴重。
愚かでいることで救われるけど、無意識に差別しながら辛い現実と共存するのは難しい。
yuwatanabe

yuwatanabeの感想・評価

3.2
途中までなにを観せられているのかわからなくなるほどの、困惑。
meet

meetの感想・評価

5.0
珍味のように、手は出しにくいが味は気になる。美味かったのか分からないけど、食べて良かったし、人に言いたくなる。
これがドキュメンタリーならまだよかった。

フィクションでこんなカオスなものつくるって、なんかもうおそろしい。



どっきりとかもそうだけど、人の良心や内面的な部分を試して観察したり、怒りや恐れなどの感情をわざと引き出そうとするような行為自体がすきではないなと思った。必ずしもそういう目的ではないかもしれないけど。

根底で、仮に差別的な感情を抱いたとしても、理性で抑える場合もあるとおもうのだけど、彼らはきっとそれさえも許さないのだろうなと思う。


それを意識的にコントロールすることって罪なことなんでしょうか、
amsw

amswの感想・評価

-
生きづらいが故にどうしようもなくなってしまった人たち
すごく気持ちわかる
人間の内的な差別が現れてて怖くなった。恐ろしい。でも、私たち誰しもあんな感情を抱いて生きてる
つらい
たまにマイクや他の場所で撮るカメラマンが写り込んでるの、敢えて残すの良い
RYUYA

RYUYAの感想・評価

4.0
そんなに死にたいなら、そんなに殺したいなら、おまえひとりで死ねばいい。
毎作を遺作のように撮り続けるラースのやり方に、なぜか僕は賛同し続け、酔っ払う。

『イディオッツ』は、障がい者を演じ金を稼ぐ、さみしがり屋なワケありグループを追った風のフェイクだ。
素晴らしい発想を抱えてドブ川に飛び込むような挑戦であり、遊びだ。
大抵の映画には目的があるが、どう考えてもそれはなく、道中の説得力でねじ伏せる強情さ。全編に漂う、普通の人々への怒りの異臭。加え、「もうどうなろうが知ったこっちゃねぇ」という“役者”の振り切りっぷり。
正直、素晴らしかった。
全てが間違っているのに、なんも間違っちゃいねぇ。

実際そうでなくとも「人と違うことがしたい」と思ってない人たちを目で殺しながら生きてる僕には、半ば宗教的に頷いた映画だった。
彼らの人生は間違いじゃない。
全部嘘だけど。
ワタリ

ワタリの感想・評価

2.3
人の偽善を暴くためという目的で障害者のふりをする健常者の集団。そこにいる人々は各々が家庭や職場から逃げ出し、この居場所に幸せを感じている。障害者のふりという愚かなことをして哀れみを受けることで、もしくは誰しもが持つ内なる愚かさをさらけ出せる場所に幸せを感じている。全編がハンディカメラ撮影でホームビデオのような映像だけどオチはちゃんとあってメッセージ性の強い、なんだか気持ちの悪い映画だった
怖いわ
あの空気が凍る感じがめちゃくちゃリアル。

観客の偽善を暴き出す、物凄い挑戦的な話。そしてラストのオチもこれまた凄い

結局オシッコするの手伝ってくれるイカツイ兄ちゃん達が一番いい奴
>|