イディオッツの作品情報・感想・評価

「イディオッツ」に投稿された感想・評価

ピピ

ピピの感想・評価

3.5
やっと観た、
障害者を演じる健常者集団の話。

音楽とかもあまりなく、手持ちカメラで撮られたドキュメンタリー風なんだけど、終始衝撃的で迫力がある。

『奇跡の海』でカンヌグランプリを取って、今作挟んで、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でパルムドール。

すごいキャリアの積み方してる。
この無名俳優ばかりで撮った、ドグマ95の『イディオッツ』の存在感たるや。



イェップだけずっと障害者演じてないか?という疑問ありつつ、どうなったのか分からなかったので、教えてほしい。

エンドロール手書きなの好き。
ドルビーのマークも手書き。
アランドロンは、
海岸走ってましたな!
障害者のふりする健常者集団のモキュメンタリーってことで期待してたけど思ってた以上に退屈ではあった。
osatoko

osatokoの感想・評価

3.7
ニンフォマニアックに近いものを感じる
どうなったのか記憶が全くない
白

白の感想・評価

4.0
西洋先進国のモラルや政治的正義のみならず民主的な共同体の理念さえ精神の牢獄として提示する。
愚か者(イディオッツ)を演じることで社会の良識の欺瞞を暴こうと攻撃するが、実際は法や道徳や家族といった規範に過剰に囚われているという矛盾。
現代における解放の困難さは、理想的なコミューン像が翻って露呈する。解放を阻む壁が社会、共同体、他者、内面と多重に存在し、行く手を阻んでいる。
ドグマ95が良い。ドキュメンタリー風のリアリズムと演劇の結実が、等身大で赤裸々な人間ドラマを描くのに適している。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

2.9
障がい者のふりをする集団の話。とにかく出だしから不快不快不快である。私はお勧めはしないが、今まで味わった事のない、かなりの刺激を味わうことはできます。
障がい者を装う健常者というギリギリを行くのはきっときっかけにしか過ぎず、もっと人間の持つ闇や本質的なもの、愚かさへの挑戦なのではないか。後半へ進むにつれぶっ飛び展開になり、ラスト10分はだいぶ凄まじい。こんな展開の映画は知りません。
orz

orzの感想・評価

3.5
障害者を演じる健常者グループのお話。
トリアー監督作品全部観る計画。

かなりタブーなテーマ扱っていると思うけれども、普段考えているようなことを表現してくれる作品だったのでうんうん頷きながら見ていた。なかなか日常では表立って言えないようなテーマ・主張だからこそ作品を盾に色々と自分の意見を語れることが創作の魅力だとも思う。

別荘買おうとする夫婦の、障害者施設のエピソードが特に顕著。自分だって庭に侵入されるの絶対に嫌だし間違いなく夫婦と同じように断るでしょうね。

ドグマ95に則った手持ちカメラオンリーの作品なのでかなり手ぶれアリ。
トリアー監督を調べた際にドグマ95の概要は知っていたが、実際に用いられている作品はこれが観るの初めてだった。
>|