アバターの作品情報・感想・評価

アバター2009年製作の映画)

AVATAR

製作国:

上映時間:162分

ジャンル:

3.4

「アバター」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

3.6
映像美かな。内容は普通。3Dのパイオニア。
なむら

なむらの感想・評価

3.3
役者 0.8
音楽 0.5
演出 0.7
好み 1.1

物語の舞台モデルとなった、中国の張家界に友達と遊びに行ったことを思い出す
さくら

さくらの感想・評価

3.5
結構好きだった。
ひがし

ひがしの感想・評価

3.0
なにが面白いのか謎。
世界観はすごく綺麗だが一度見たら充分。
いやー、惑星「パンドラ」の宇宙旅、堪能させていただきました(^^)!!!!


公開当時は2009年、今から9年も前って、小学生だったけど、その時見たときの記憶はあまりなく、久々にHuluで鑑賞。

「パンドラ、どっかにあるんじゃないか説」を唱えたいくらい、美しく憧れる、自然豊かなあの地にずっと僕は見とれていました!!確か3D映画を推し始めたときの映画だと思うので、映画館の大画面で3Dで見たかったと後悔!!!!!

ストーリーも自分の好きな展開の話で、多少のわからない点も、シリーズ化を考えたら次回以降明らかになるのかな?

思わず人間クソ野郎、ナヴィかましたれ、動物襲い掛かれ!!と思ってしまったけど、、悪人間のエゴがまねいた環境破壊はいま地球でもきっと起こってるよね。考えさせられました。。

とりあえず、あの終わり方はずるい!!続き見たいよ!!!次作待ってます!!!!!
ELEANA

ELEANAの感想・評価

3.0
前に見たやつ
野生児

野生児の感想・評価

3.0
別世界を最新グラで創造するのは本当に楽しいしワクワクする。
生態系がネットワークをもっていて、オペレーター的な役割を持つ者はネットワークから情報を取り出すことができるって設定は素敵。大気の構成比率も違うし、重力の概念が違う、そこで生きる生物たち。いいね!

んで、この映画が面白いか面白くないかはどれに感情移入して、現実的な話をどこで切り捨てるかによると思う。

この映画は滅びを迎える地球と、この異世界パンドラの2つが世界として存在してることになってる。パンドラの扱い方については大きく三すくみになってる。
独自生態系を研究として捉え、共生を目指す研究科チーム。
地球にはない物質を独占、地球にもちかえろうとする企業チーム。
パンドラ自体を支配下に置こうとする軍チーム。
企業と軍は境目微妙だけどね。

んで、主人公のジェイクは自主性のないヤンキー+ケモノ愛好家というかなりのレベルの高さです。

ジェイクのお兄ちゃんか死んじゃったので代役で選定されたみたいだけど、だいぶイカれたやつだな‥ってのが正直な印象。
僕にはこれが結構きつかった。

ジェイクは元海兵だけど、現状の所属は不明確。だけど、絶対彼の立場であの選択の数々をするには、バランスがおかしい。

見た目も生活文化も全く違う相手に対して、過ごす時間が長くなるにつれ、恋愛感情を持つのは映画のセオリーではあるけど、すべてを捨てて人間に敵対するにはちょっとイカレすぎてる‥。
しっぽ生えてるんだぜ??青くて三メーター超えてるんだぜ??イルカと恋に落ちるくらいに近いとおもうよ‥
久しぶりに観ましたが、改めて好きだなと!
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.9
世界観が素敵でした!本当に異世界に潜り込んだみたいな…
これ映画館で見れたら最高だろうな〜
>|