大介

隠された記憶の大介のレビュー・感想・評価

隠された記憶(2005年製作の映画)
3.3
「映画通」の皆さんには評価が高そう。自分にはスッキリしない少しフラストレーションのたまる作品だった。

展開も描写もイチイチもどかしくて、焦れったくて仕方ない。

主人公の言動や行動にもイライラする。

で、あのラスト…。


物語の内容自体は面白いんだけどな~。

あんまりにも、画面のこちら側にに投げすぎ。

監督のインタビューで、「誰が○○を○○したかはどうでもいい…云々」で脱力。

個人的には「ふざけんな」のひとこと。

いろいろと想像は出来るけど、自分のような素人は「答え」のないものを考えるだけ時間の無駄だと思った。