YuukiImazu

チャイニーズ・ブッキーを殺した男のYuukiImazuのレビュー・感想・評価

4.0
「幸せな人間とは、気楽になれた人間だ」

大物の風格を自ら演出するが、小物感が拭いきれない、ストリップクラブ“クレイジー・ホース”のオーナー、コズモ。やっとのことで借金を返済したかと思えば、ギャンブルに手を出して多額の借金を背負うことに。

ちゃちな場末のクラブとは言え、そこにはコズモの夢や人生の全てが詰まっていて、ストリッパーたちは一種の“家族”のようなもの。それを1人で守り抜こうとする男の格好良さとペーソスがたっぷりで、ベン・ギャザラが激シブ。ポーカーフェイスでクールな主人公と淡白めな抑えた演出。その中で、コズモとクレイジーホースの面々が楽屋で談笑する場面が温かく、優しく心に響く。

フィルム・ノワールを描いた本作は、カサヴェテス監督作品の中でも珍しいモノなのかな。ただ、人と人のやり取りを生々しく捉える映像には、カサヴェテス監督らしさを感じましたね。