もりもと

お茶漬の味のもりもとのレビュー・感想・評価

お茶漬の味(1952年製作の映画)
3.8
小津4Kでみた。

女の世界と男の世界がそれぞれ描かれていた。
それがぶつかるのが夫婦なんだなあ。

この映画に出てくる女達は文句を言いながら、ひたすら自由に生きている。
あの時代の女性のイメージが、向田邦子のエッセイに出てくる母親しかなかったので新鮮だった。

この映画で描かれている上流層の夫婦関係を見て、当時の庶民層は何を感じたんだろう?
(小津映画は上流層向けのものだった?)
今作は今の時代のほうが伝わる人が多いのではないかなと思った。


第三者視点で人々をうつしているのが良い。
第三者というより第四者というべきか(?)
視点というより視界というべきか(?)
演出意図がさりげないのが良い。
脚本がいい。
小津映画は2世代以上の人々を描くので深みがあるんだなぁ。


津島恵子さんが可愛かった。