田中太郎

バーディの田中太郎のレビュー・感想・評価

バーディ(1984年製作の映画)
3.9
見たことない人は是非見てください!
個人的にはとても好きな映画でした、ラストも含めて!w

鳥になりたいバーディと社交的なアルの戦争を交えた友情物語

バーディは精神異常ということで前線から外されます。そこで友人を救うべく、ニコラスケイジ演じるアルがバーディを救いに行きます。

バーディは一言も喋りません。完璧に鳥になってる気分でいます。
そこでアルがバーディを喋らせるように、昔の思い出を語り始めます。

現在でのアルがバーディに話しかけるシーンとアルが語る昔話での2つの話で構成されてました。

昔話を知っていくたびに二人がどんどん魅力的なキャラクターに見えて来ました。
一見真反対の性格を持つ二人ですが、そんな二人が肩を組んで何かをしてるシーンは微笑ましかった。
そんな素敵な昔話とは真反対の現在。そのギャップも素晴らしく描いていました。

やっぱり戦争が二人の関係をも、変えてしまったんですね。

この映画、ラストが笑える映画で有名なんですが、こんな重苦しい映画でラスト笑えるのか?と思いながら見てました。

結果めっちゃ笑えました。

「え?……え?w」
思わず口に出してしまうほどです。

とても感動的な展開ですが、どうしてもラストで笑ってしまう

個人的には大好きな映画です。
二人の関係を通して様々なことに着目している映画でした。
_________________________
[この映画のBest俳優]
ニコラスケイジ
[脚本面]☆☆☆☆
[映像面]☆☆☆
[ストーリー性]☆☆☆
[オススメ度]☆☆☆☆

ロッテントマト88%