からあげ

ダンサー・イン・ザ・ダークのからあげのレビュー・感想・評価

4.0
あまりに救いようが無く、ただただ悲しく、観る側も奈落の底に突き落とすような映画。終わったあとしばらく放心状態。

ビョークの歌声に鳥肌がたった。特に初めの工場でのミュージカルのシーンは衝撃。

同じ空想癖持ちが主人公の『LIFE』はあんなにもハッピーに終わるのに、どうしてこっちはこうなっちゃったんだよ、、、

誰しも自分が一番かわいい、自分を守りたい。他者に向ける愛はあっても、それが自己への愛を超えることはない。
例えあるとしたら、親が子に抱く愛なのかなと思った。

人によってこの作品の評価がまちまちなのもわかるけれど、「おもしろくないから、飽きたから途中で観るのをやめた」って言われてしまったら、すごく悲しいなあ。