YasuyukiMuro

ダンサー・イン・ザ・ダークのYasuyukiMuroのレビュー・感想・評価

4.0
鬱映画とか胸糞とか聞いて随分観るのが後回しになってた。かなり警戒してたけど、突然のミュージカルは意表つかれた😅

現実から目を背けたい時のセルマの空想ミュージカルは、あって欲しい現実を表現しているようで、さしずめダークララランドって感じがした。ただその唄声は魂の叫びのようで頭にこびりつき、今もなかなか離れない。

子供を第一に考え、決して自分を社会的弱者とは考えない。逆に心が弱くて哀れなビル夫妻の名誉の為に、沈黙を守る事を選ぶセルマ。

その生き方は、頑固で不器用にも見えるけど、一方でその純粋さ、揺るぎなさには感動を覚えるし、胸が締め付けられるような気持ちになった。

暫くは見たく無いかな😅