unO

ダンサー・イン・ザ・ダークのunOのレビュー・感想・評価

5.0
チェコからアメリカへ息子と二人で移住した、先天性の病により失明の近いセルマが、貧しい生活の中で友人達の助けを借りながら遺伝により同じ病気を持つ息子の治療費の貯蓄に励むもそれを巡って悲劇的な運命へと誘われていく様を、歌手ビョークを主演にミュージカルシーンを交えて描いた、ラース・フォン・トリアー監督作品です。

あまりにも無常で無慈悲なストーリーに、観る度に、あるいは見ている最中にも様々な相反する感情が渦巻く問題作です。本作で描かれるのは無償の愛なのかエゴなのか、残されたのは希望なのか足枷なのか、抱くべきは感動なのか憤怒なのか無常なのか、果たして何が正しいのでしょう。

おそらくはそのどれもが間違いではないのです。誰もが五里霧中の人生の中、限られた視野である者が最善と踏み出した一歩が、他人から足踏みや地団太に見える事もあります。だとしてもそれは本当に無駄な一歩なのでしょうか。その不器用なステップでも連なることでダンスへと昇華し、そして受け継がれうる。人は誰もが人生での暗中模索の踊り子、ダンサー・イン・ザ・ダークなのです。