Aika

ダンサー・イン・ザ・ダークのAikaのレビュー・感想・評価

4.3
ミュージカルはひと通りレビューを書いておきたいな〜と久々の鑑賞。
既にセルマを待ち受ける数々の困難を知っているだけ、落ち着いて観ることができた。初めて観たときは悲しいという感情を通り越して呆然としてしまった記憶。

今回はミュージカル映画として冷静に観た結果、やはり今作は傑作だと思った。

ミュージカルを観てると常にこれは舞台ならどういう演出をするか、誰がどの役を演じるかを考えてしまうんだけど(多分ミュオタあるあるだと思う!)それが全く浮かばない。
それだけ舞台ではできない映画的演出に長け、主演のビョークを始めこの人じゃなきゃ!という配役にも絶対的なものがある。

ミュージカルシーンは全て彼女の妄想でしかないというのも特殊で面白い。入り方が自然音からっていうのもステキ。
そして現実逃避した明るさがより現実との乖離を感じさせ、観客の辛さをより煽る。こんな切ないサウンドオブミュージック、きっとどの世界にもない。

ビョークのフォースフルな声で歌われる独特の旋律は心にこびりつき、ラストまで一気に引き摺られる。

救いがないとか鬱ミュと言われ、確かに不条理で悲しいけど、本人の唯一の希望が守られかつそれを知ることできたんだから、きっとセルマは自分が不幸だなんて思わなかったんじゃないかな…

もっと舞台経験積んで、いつか妄想舞台版も完成させてみたいなぁ♡