ダンサー・イン・ザ・ダークの作品情報・感想・評価

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」に投稿された感想・評価

すごい。素晴らしい。1回見たら一生忘れなれない映画。素晴らしいミュージカル映画。人生には音楽が必要だと思った。音楽家ビョークは映画に出てもすごかった。
NAGISA

NAGISAの感想・評価

4.4
盲目の彼女が住む世界はミュージカルそのもの。大好きな息子の温度を感じ、大好きなミュージカルに包まれた最期は幸せだったに違いない。最後から2番目の歌は、物語を、彼女の世界を、決して終わらせない。そこに救いはあった。
正直に生きることの苦しさが描かれてると思う。
現実の苦しさと空想世界の美しさ、その対比がより現実の苦しさを際立たせる。苦しくても正直に生きる強さ、支える周りの人の優しさと、正直であることに漬け込む人の存在と正直であることを許さない社会、それらの対比が強く印象付けられる。
最後のセルマの歌声は、なによりも力強く感じられる。
Kazuya

Kazuyaの感想・評価

3.4
圧倒的どんより
一度は、観なければという気持ちで挑戦。
鑑賞後は、予想通り、モヤモヤして、心をえぐられる気持ちになった。
映画の展開は、全てにおいて暗く悲しいく辛い…
観るべき映画であり、観たくない映画。
にこ

にこの感想・評価

4.7
サントラ★5!
あやの

あやのの感想・評価

3.0
最初、途中で観るのをやめた。辛すぎた。手持ちカットはまじまじと見せられる。
ブレ感が本当のことのように、実際起こっていることかのように思わせられる。
それでもなんとか最後まで見ないといけない気がして休憩しながら観た。現実逃避をするため妄想に入るミュージカル。主人公が最も笑顔のとき。最後まで息子を愛し息子の幸せを願う。自分が諦めない限り終わりではない。あまりにも残酷で本当に辛いが、その中で作り手が伝えたいことは何なのだろうと考える。日常の中で小さな幸せを感じること。その小さな幸せは他の人にしてみれは大きな幸せなのかもしれないし、幸せと感じない人もいるかもしれない。全ては自分の中で感じたことが全てだ。
あー

あーの感想・評価

4.0
もう二度と観たくない映画。

こんなにも、物事が悪い方へ転がるのかと胸がえぐられた。

18年たっても、二度と観たくない映画は変わらないほど衝撃が強かった。

今観たら、何かが変わるのか。

いや、しかし勇気が出ない。
kyoko

kyokoの感想・評価

-
観てるのがつらかった。歌うとこも、私は美しいというよりもただ悲しく感じてしまった。でも、もう一度観たら感じ方が変わってくる気もする。
ラストシーンはすごく重たいけど、いい。
>|