ダンサー・イン・ザ・ダークの作品情報・感想・評価

ダンサー・イン・ザ・ダーク2000年製作の映画)

Dancer in the Dark

上映日:2000年12月23日

製作国:

上映時間:140分

3.6

あらすじ

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」に投稿された感想・評価

ずっと何も見えずに、耳で感じる世界に生きていた方がよっぽど幸せなくらい、現実は暗いと思わせられる気持ち悪さの残る映画だな。どっちの方が"暗闇"なのか。
すー

すーの感想・評価

3.9
救いが無くて陰鬱で遣る瀬無さの残る作品。
困窮した状況の中を彼女なりに生きる、主人公セルマの直向きさが美しかったです。
かなり精神力持っていかれますし、観ていて辛くなるとは思いますが後悔はしません。
Jack

Jackの感想・評価

-
二度目の鑑賞。
最初に見たのは映画館。
もう一度見たかったのに、随分時間がかかってしまった。
それは直視する勇気が、なかなか湧かなかったから。

きっかけは、伊藤計劃氏が語っていた言葉だった。
これは希望の映画だ、と。


───────────────

彼女は歌う、最後から二番目の歌を。
彼女は歌う、現実の囁きをオーケストラにして。
彼女は歌う、人間の力の証明として、現実に対する勝利の歌を。
彼女は歌う、物語を終わらせぬための歌を、命の語りを絶やさぬための歌を。
そんな痛みと勇気に満ちた、20世紀最後のミュージカル映画。


映画の「夢見る力」と「現実」の戦いである。
誰も夢見る力を奪うことはできない。
何もかも奪われても、その力が残されていれば、
私たちは生きていくことができるのだ。
人間のギリギリのところに残されたものの輝きを描いた物語。

ラストに彼女ははじめて現実の世界で歌います。
当然ながら演奏のない、その声の力だけが全てを伝えるあの場面。
それまで夢想の中でしか歌うことが許されなかった彼女が、
最後の悲劇的な状況にいたって、はじめて歌うのは希望の歌。

その結末がどんなに残酷な「音」で締めくくられていようと、
我々に残るのは彼女の歌、美しい調べであるはず。
暗闇のダンサー。これは希望の物語。

───────────────

もう一度見て流した涙は、温かかった。
1度見てよく分からなくて諦めた。数年たって2度目見たらわかった。マイノリティって虐げられる。それが死に繋がることもある。これが現実社会を映し出してる気がして、めちゃくちゃ怖くて当分この映画見れない。
yuria

yuriaの感想・評価

4.9
好き嫌いわかれるだろうけど

私は好き
とても
NagataMao

NagataMaoの感想・評価

4.0
すげえ不愉快
とてつもない絶望。

ミュージカルがこんなに悲しく。
Hook

Hookの感想・評価

3.5
ミュージカル部分は願望が反映されているのかな。現実は過酷だよな。などど色々考えながら暗く観た。
ビョークのビョークらしさの出し入れがすごいなと思った。
M氏

M氏の感想・評価

4.5
誰もいない空間で、次の日が休みじゃないと観ることができない映画だと確信しました。
今まで観た映画の中で一番印象に残った映画です。
>|