ダンサー・イン・ザ・ダークの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ダンサー・イン・ザ・ダーク2000年製作の映画)

DANCER IN THE DARK

製作国:

上映時間:140分

3.6

あらすじ

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」に投稿された感想・評価

tsumu

tsumuの感想・評価

1.3
当時、暗くて怖くて悲しくていたたまれなくて二度と観たくないと思った。
今観たら感想も変わるのだろうか?

暗いストーリーにビョークの歌がマッチし過ぎていて悲壮感しか記憶にない。
こんな悲しい救われない終わり方するくらいなら、生まれてこない方が良かったんじゃないかと思えるくらい。

悲しみが冷酷な美しさと音楽を生み出すとしても、やはりまたこの映画を観てあんな気持ちになりたいと思わない。
Lily

Lilyの感想・評価

-
人生初めてみたミュージカル映画!
不幸すぎてかなしい。切ない。
Takato

Takatoの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

公開時、デートで見ました。
ビョークが誰かも知らなかったので、映画終了後は暗くてなんとも言えない雰囲気が漂い「楽しかったね!キャハハ!」みたいなことにはなりません。
その時付き合ってた人とは別れてしまいましたが、私の手元にはビョークのCDが残りました。
そんくらい歌は良かったです。映画は「なんか嫌な感じが凄かった」という雰囲気だけ覚えています
Nanashi

Nanashiの感想・評価

3.9
有名な後味悪い映画とのことだが。。

まぁ、悪いのは悪い。

この映画はビョークありきだ。

演技うますぎるやろ。

ジャンプカット?だっけ

シーンが飛ぶようなカット方法は癖になる。
k41namaiki

k41namaikiの感想・評価

4.0
史上最強の鬱ミュージカル

工場で働く貧しい母セルマは徐々に視力を失ってしまうという遺伝疾患を持っており、彼女の息子にもそれは遺伝していた。
手術には高額な費用がかかり、彼女は息子のために貯金をしていたのだが…。

見たあと何日かは落ち込みますね。今まさに鬱です。。

彼女はとても強い女性だと思いました。
自分なら他人の不幸を背負うことなんてしません。なので、自ら悪い方向に導く彼女の行動1つ1つにイライラというか、やるせなさを感じました。

音楽は全てが彼女の妄想と現実の歪みが感じられる不安定な曲で、音楽が全く楽しくありませんでした。笑
映像とのギャップを使ったり、鬱表現が神がかっていました。すごい。

おすすめ(?)です。
今までずっと見よう見ようと思っててようやく見れた。気軽に見れるものじゃなかったけど。
ダンサーインザダークってそのままじゃん。
優しい人間ばっかりでも1人でも凶悪な人間がいればぶち壊れるんだね。
後味悪すぎて泣きました。
m

mの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ドグマ95といえば、ということで鑑賞
撮影方法、ストーリー云々はさておき急に刑が執行される最後のシーンは良く出来ていると思った
ま

まの感想・評価

3.9
ミュージカルのシーンは凄い…!
ビョークの歌声も周りの人たちの手足や生活音がリズムになっているのも、視力が下がって耳が鋭くなる主人公の頭の世界を表してるかんじ

カメラが揺れたり顔をドアップにするところ、ミュージカル以外の場面は色褪せているところとか好きだけど、
主人公役が現実にも相当追い詰められてまで映画表現をすることが良いことなのか判断できない…
石々原

石々原の感想・評価

3.6
◼︎前々から意識していた名の通った鬱映画。その徹底してる感は必要以上に伝わったし、巷での評判の意味もよくわかった。ただ胸糞悪いというのには間違ってないのだが、卒なく胸糞悪いのでそこに強度/批判力を見ることがわたしには難しかった。残酷なリアルに迫ったというよりは、悪夢の輪郭を具現化するようなフワついた感覚。◼︎最も生理的に嫌悪感が漂う方法を用いた近代西洋批判というべきか。たまたま字幕で観たが、ビョークの仕事にかなりの部分が委ねられているので正解だった。
泣きました。