悲しみのミルクの作品情報・感想・評価

悲しみのミルク2008年製作の映画)

LA TETA ASUSTADA

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.5

「悲しみのミルク」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.6
ジャケとタイトルに魅力を感じ即借り。
ペルー映画。

母親の苦悩が母乳を通して子どもに伝染する「恐乳病」という南米ペルーの言い伝えを基に、残酷ながらも感動的な話。

母親を失った若い娘ファウスタ(マガリ・ソリエル)。母乳を通して母の体験した苦しみを受け継ぐ病、「恐乳病」に侵されていると信じるファウスタは、男たちから身を守るためにじゃがいもを体の奥にひそませていた。母の埋葬のためにピアニストの屋敷で働いているファウスタだったが、ある日ファウスタの口ずさむ歌が雇い主の心をとらえる…

「恐乳病」とは初めて聞いた。
一見不思議なストーリーだが独特な映像美とペルーの歴史に惹かれました。

このレビューはネタバレを含みます

ペルーの風景をいちいち入れるのがあざとい、エキゾチズムを強調しすぎ
マジックレアリスムの系譜に位置する作品なんだろうが、その描写も凡庸 少女の成長というテーマも比喩が多すぎて良く伝わらなかったとこが多い
ただし、ファウスタが花触るラスト等の映像の持つ質感は良かった、まあ観光映画
haru

haruの感想・評価

3.5
受け継がれた苦しみ。

ファウスタは母の遺体を故郷に埋葬する費用を稼ぐため、ピアニストの家でメイドとして働くことに。ある日ファウスタが仕事中に歌を歌っていると、ピアニストが興味を示し、ある提案をしてくる。

冒頭の母の歌がエグすぎて、さっそく心が折れました。歌われていたのは、80年代のペルーで起こっていたテロで母親が体験した壮絶な恐怖。娘がお腹にいたとき、母はレイプされ、目の前で夫を殺された。これが母乳を通じて娘に受け継がれ、ファウスタは母と同じ目に合わないよう、自分の体にじゃがいもを埋め込む。どう考えても体に悪いのに、ファウスタはこれが自分の身を守る術だと頑なに信じている。
80年代のペルーではセンデロ・ルミノソによるテロが行われ、多くの犠牲者が出たそう。その苦しみは次世代にも影響し、母から娘へと受け継がれていく。女性が体にじゃがいもを埋め込むことで身を守るというのは、ファウスタの故郷の伝承のようですが、私たちからしたらありえないことを根拠もなく信じるほど、彼女たちは追い詰められている。
エキゾチックな顔立ちのファウスタはまさに私が想像するペルー人でしたが、彼女の主人となるピアニストは白人系でした。ペルーでは白人系が上流階級で、少数派にもかかわらず富裕層が多いらしい。映画を見ている限りでは、人種で人生が決まりそうな感じでしたが、それに異を唱える者はおらず、ファウスタが主人に反発するとか、ピアニストがファウスタに同情するとか、そんなことは一切ない。誰もが与えられた環境に疑問を抱くことなく生きている。そんな中でファウスタがラストに言ったセリフは、きっと私が思う以上に重いもの。最初はドンヨリしてましたが、後味は爽やかです。
白

白の感想・評価

4.0
ファロセントリスムの否定。
内から涌き出る芽を摘むのは自我の抑圧を表す。人生は結果として諦念、悲愴、傍観のやり取りである。
死や信頼の得喪はその過程事態に過ぎない。
xxxxxxx

xxxxxxxの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

記録
ジャケットとタイトルに惹かれて。
映像が綺麗で観終わった後じわりじわりと来るものがありました。
anakarumik

anakarumikの感想・評価

4.5
鉢に入れてあげるとあんなに可憐な花が咲くんだよ。と。
近代化への変容に抵抗しながらも、少しずつ受け入れて行く生きていく姿を、こんな形で描く姿勢がすごい。
女の子がかわいい。そして音楽が良い。民謡も良い。"一粒が一年分よ"なんてシャレてるの。
ペルー映画とんでもない。伸びてゆく芽をどんな気持ちで切り落としてたのか。
LEONkei

LEONkeiの感想・評価

3.5
ペルーの山岳地域に住む素朴な村人や美しい自然、静かに感情を押し殺し生きる娘〝ファウスタ〟の生き様は痛々しい。

悲惨な人生を歩み亡くなった母の血を受け継いだ〝ファウスタ〟は、母親と同じ道を歩みたくない…歩まねばならない運命を避けるために生きる。

〝ファウスタ〟の気持ちを改めて考えると、やりきれない悲しみが胸を熱くする。

彼女のカラダの中に〝あるモノ〟を取り除いてあげられるのは一体何か…。

できることは、単なる〝慰め〟だけなのか…。

村の結婚式・病院・音楽家の屋敷・墓穴を掘る叔父…各シーンが違和感なく日常的に描かれ、現実社会の厳しさの中でひとりの娘の葛藤は内面に抑え込むことで感情の深みが増す。

ファウスタ役の〝マガリ・ソリエル〟の無口で悲しみの表情や歌声は、観ている自分が自然と違和感なく演技に引き込まれていた事に気づく。

音楽家邸庭園での庭師とのやり取りが、ファウスタのココロの闇を表面に一瞬見え隠れし動揺する姿がなんだか美しく印象的..★,
>|