悲しみのミルクの作品情報・感想・評価

悲しみのミルク2008年製作の映画)

LA TETA ASUSTADA

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.5

「悲しみのミルク」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.6
ジャケとタイトルに魅力を感じ即借り。
ペルー映画。

母親の苦悩が母乳を通して子どもに伝染する「恐乳病」という南米ペルーの言い伝えを基に、残酷ながらも感動的な話。

母親を失った若い娘ファウスタ(マガリ・ソリエル)。母乳を通して母の体験した苦しみを受け継ぐ病、「恐乳病」に侵されていると信じるファウスタは、男たちから身を守るためにじゃがいもを体の奥にひそませていた。母の埋葬のためにピアニストの屋敷で働いているファウスタだったが、ある日ファウスタの口ずさむ歌が雇い主の心をとらえる…

「恐乳病」とは初めて聞いた。
一見不思議なストーリーだが独特な映像美とペルーの歴史に惹かれました。
ジャケットの赤色とタイトルに惹かれて。
はじめてのペルー映画。
ほとんど理解できなかったがわりと好き。
ペルーの田舎の灰色で荒涼とした風景を
だだっ広く映すカメラと乾いたギターの音楽にもの悲しさを覚える。
息をしているのに死んでいるようだった主人公が、生き始めるまでの物語?
ayumi

ayumiの感想・評価

3.4
ペルーの映画は初めて見たかもしれない
結婚式のチープさ、歌の歌詞、声、
皮肉に美しいがパッとしない
やとみ

やとみの感想・評価

3.8
ペルー文化の授業で。主演の女優さんが素敵です。
Nonko

Nonkoの感想・評価

1.3
暗すぎ
ふとした瞬間の表情が
はっとさせられる美しさ。

衝撃的な歌から始まり
母親からの教えを守る様は
まるでおとぎ話のよう。
終始もの悲しさが漂うが
ラストに救われる。
プハラ

プハラの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

こんなに恐ろしいジャガイモの使い方は初めて見た。そしてこんなに美しいと思ったのも初めてです。胎内で徐々に根を芽を伸ばす種のイメージが悍ましくて悲しい。

光溢れるペルーの色彩、中でも赤の百合が鮮烈なんだよね。遺体を包む袋とか布とかが、やたら美しい。だからこそやるせなさに打ちひしがれそうになる。

「赤が情熱の色なら、経血で溺れたい」って、すげ〜口説き文句だな。
白人富裕層の傲慢とかもあってさ。

やっと泣くことができたことに、ひどくホッとしました。
coma

comaの感想・評価

4.3
因習とか習慣とか、かなしい…。
反して、ひと昔前とは違うんであろう、みんな楽しそうな結婚パーティーの様子。それがやっぱり、とても物哀しい。

(ちょっと関係ないけど、日本で男性トイレにベビーチェアとかオムツ交換の台とかないらしく、育児する男性が大変なことを知って、男性差別だなあと思ったところでした)
初ペルー映画。
悪くない。結構、好きです。
ペルーの風の匂いを感じた。

膣にジャガイモを入れるって、斬新だね。
misaki

misakiの感想・評価

3.4
個人的には主人公のおじさんが好きです。今を生きてほしいという気持ちが伝わってくる。
>|