アラタ

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲のアラタのレビュー・感想・評価

3.7
ダースベイダーの親バカ満載な作品だった。
とにかくルークが欲しい!欲しい!欲しい!
「パパと一緒にダークサイドしよ☆」
息子のためなら、皇帝なんてどーでもいいって感じのスタンス。
ベイダー卿はルークに冷徹なイメージが強かったが、今作を見直してみて、イメージがガラッと変わった。
ルーク達がファルコンで逃亡するのを見ているときのベイダー卿の「しょんぼり。また逃げられちゃった☆」を体現した後ろ姿には萌えた!!!