tjZero

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲のtjZeroのレビュー・感想・評価

4.5
『ゴッドファーザーPARTⅡ』と並び、”2作目としての最良作”の双璧だと思います。

どちらも、前作で登場人物の説明や舞台の設定は済んでいる事を最大限に活かし、物語を上手に転がし、ふくらませています。

本作では、まず冒頭に普通の映画のクライマックス並みの迫力あるアクション・シーンで観客の眼を引きつけます。

その後は、①ヨーダを訪ねてジェダイの修行に励むルーク、②帝国の陰謀の謎を追うハン・ソロたち、というふたつのラインに物語が分岐して立体的な構成になります。

①の縦軸となる物語のテーマと、②の物語をふくらませる横軸としてのプロットとが巧みに絡まって観客の興味を強力に引きつけています。お酒とおつまみ、どちらもおいしくて手が止まらない…って感じの出来の良さ。

クライマックスのサプライズの提示も効果抜群だし、すぐれた脚本です。
これを主に書いているのが、ローレンス・カスダン。
『レイダース』も執筆しているし、『白いドレスの女』や『偶然の旅行者』では監督も兼ねている才人。
実は『フォースの覚醒』でも脚本を担当しています。どうりでお話が面白いわけだ!

正直、『ゴッドファーザー』がⅠとⅡだけで充分なように、『スター・ウォーズ』もⅣとⅤだけでもいいなあ、と感じちゃうこともあります。そう思っているGF&SWのファンは結構多いんじゃないでしょうか。それ位出来のいい、両シリーズの両作なのです。