gungchang15

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲のgungchang15のレビュー・感想・評価

5.0
『彼女を巷で話題の"にわかスタ女"に素早く仕立てるためにEP5がオススメな5つの理由』

冬のデートに劇場でSW最新作をと計画しているものの、相手は過去作を一切観てない、とお悩みの貴殿に…

【スター・ツアーズっぽい】
ギャルだろうがお嬢だろうがほぼ例外なくディズニーランドは好きであり、トゥモローランドエリアにはかの有名な「スター・ツアーズ」というシュミレーターライド型アトラクションがある。
…そう、全ての女子は潜在的なSWファンであると言わせていただきたい!
(最新作でF層を取り込んだDisney社のマーケティングは流石の一言)
基本的には6作全て宇宙船には乗るが、特に5のミレニアム・ファルコンが小惑星帯に突入して帝国艦隊の追撃を逃れるシークエンスはライド感が高め。
彼女が思わず隕石を避けようとしたらグッド。かなり感情移入している証拠ではないだろうか!

【恋愛要素がある】
"ツンデレお嬢様と俺様系ワルメンの恋"という少女漫画のような教科書的展開に胸キュン必至。ハン・ソロ船長必殺の「壁ドンからの唇泥棒」で彼女もハイパースペース突入間違いなし!

【ヨーダが出る】
惑星ダゴバでの修行シーンは男子なら誰もがフォースを得とくせんがため真似をしたものだが、女子はそういう泥臭いやつに興味なし。
ここでの重要ポイントは「パペット感満載のヨーダがキモカワイイ」ということ。彼女が幼少期に「E.T.」「アルフ」を観て育った場合は適性あり。おじいちゃん子なら尚良しだ。きっとグッズを買いにPLAZAへ走るだろう。
本当は齢800を超える伝説のジェダイマスターだけどね…

【ダース・ベイダーが怖い】
人間を恐怖で支配するシスの暗黒卿。特に5は部下へのフィジカルが半端ない。案件受注できない社員を試用期間中に解雇する外資系企業のボスより怖い。
ただし女子の脳内では「怖い→ドキドキ→好き」に変換されるため、侮れない要素である。流石ベイダー、暗黒面の魅力をよくご存知である。

【6に続く】
6に続くんだから!そしたら気になって続きも観るでしょうよ。6は7に続くんでしょ?
はい、スタ女の出来上がり


ま、俺もまだ7観てないけどね…