キューリ

悪い種子(たね)のキューリのレビュー・感想・評価

悪い種子(たね)(1956年製作の映画)
4.0
ばりこわ!!!サイコガール、ローダ。大人たちの前ではいい子してるけど…見てないとこで…🔪🔥自分の罪の重さを分かってないって恐ろしい。平気で嘘つくし、自分の可愛さを分かってて甘えてくるし…。でも本能むき出しにしたときのあの表情!戦慄!😨そして繰り返し弾くピアノのあのメロディ、最後の方ほんとイライラした!!!😂

小説、演劇ののちに映画化ということで、ほぼ家の中と庭しか背景変わらないのに、セリフと演技だけでここまで楽しませてくれた!血も一滴も出てこないのにすんげえ怖かった!すごすぎー!!