ずん

スーパーサイズ・ミーのずんのレビュー・感想・評価

スーパーサイズ・ミー(2004年製作の映画)
3.3
身体に悪いと分かっていてもついつい食べてしまうファーストフード。

そんなファーストフードのフランチャイズ、マクドナルドを1日3食、1ヶ月間食べ続けたら身体はどう変化するのかを、モーガン・スパーロック監督自身が身をもって実証するドキュメンタリー作品。

マック大好きな自分にとって、この検証は夢の様な企画!(監督本人はかなり辛そうでした。)
マクドナルドから派生してアメリカ全体の食文化の現状も紹介しているのでとっても勉強になりました。

結果から言うと身体に良くないとは分かっていたけど予想をはるかに超えてヤバい事になってました!

1ヶ月もすると体重は10kg以上増え、肝数値がアルコール依存症の人と同じレベルになり、精神不安定や性欲減退、最終的にあらゆる数値が完全病気、なにより表情に生気が無くなって当初とは全く別人の様でした!

1番怖いのは中毒性。何日も食べ続けると身体が拒否反応を起こすのですが、一定期間を過ぎると身体が慣れて逆に欲するようになるという中毒性があるのが一番厄介です。

実証する上でいくつかルールを決めるのですが、中でも「スーパーサイズを勧められたら断らずに頼む」というのがもはや地獄絵図。

スーパーサイズてなんやねんですよね。この量がカオス過ぎて…汗

これじゃアメリカ人の肥満問題も頷けます。

ある若者達がマックを食べ続けて肥満になり成人病をいくつも発症、マクドナルド側から栄養面についての説明や忠告が一切無かったとしてマクドナルドを訴えた裁判があります。
もちろんマクドナルドが勝訴しましたが、確かに若者のファーストフードの多用はアメリカで深刻な問題になっているのは間違いないです。

てかアメリカって何でも訴えるよね〜。

子どもの頃からハッピーセットのおもちゃにつられて日々食べ慣れているマック。実は幼少期から消費者の私達は巧みな企業戦略によって既に洗脳されているのです。

昔からフライドポテト大好き。今でもLサイズが190円になると仕事終わりとかついつい買っちゃうんですが、これを観てなんか食べたくなってきたのは中毒性のせい?

大事なのは量ですよね!何でも食べ過ぎは良くないのでほどほどに気を付けようとこの作品のおかけで思えました!
サンキュ──ヾ(*'∀`*)ノ──♪