進藤先生

フリーダム・ライターズの進藤先生のネタバレレビュー・内容・結末

フリーダム・ライターズ(2007年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

①ノーマークッ!
この映画の存在を全く知らなかった‼︎
それも実話ときたもんだ⁉︎

日本の荒廃した学校(戸塚水産高校⁈)がかわいらしく感じるほど救いようがなく、様々な人種が集まる掃き溜めクラス。私なら初日で逃げ出します(笑)

そんなクラスの全員が大学に進学した⁉︎

この教師の何が良いかって?
劇中で父親も言っていたけど言葉に出来ない。分からない。
ただ素晴らしい教師だってこと!

②良い教師 = 悪い妻(夫)

(身内に教師がいる)私の中の教師の定義。
何十人もの生徒と対等に接しようとすれば自ずと家庭は犠牲になる。
24時間365日で両立なんて無理!

「こんな教師ばかりだったら」と軽く言ってしまうけど、こんな教師になる為にどれだけの犠牲を払うのかを考えると今の事なかれ主義の教師も仕方ないのかと。

③最近ほんとオヤジ!涙もろい‼︎

生徒ひとりひとりのエピソードのたびに泣いてしまう。

知らなかったホロコーストを知る事で自分たちの愚かさ(人種間の争い)を知る生徒たち。
そう「 It's a Small World !」
このアトラクションに入るたび歌詞を聞いて泣くオヤジ…脱線(苦笑)

2015/12/8 CS