p99

007/カジノ・ロワイヤルのp99のレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(1967年製作の映画)
3.5
ピーター・セラーズとウディ・アレンが共に眼鏡をかけた線の細い男役をやってるから、多少混乱してしまったが、この映画自体が混乱しているから、そんな取り違えは微々たるもの。

ダニエル・クレイグ版ガジノロワイヤルはストーリーが込み入っており、3回目でやっと腑に落ちるという印象だったのだが、本作はたとえ100回観ても理解することはできないだろう。そもそも筋が通ってないのだから。

しかし、音楽は素晴らしく、演出は絢爛豪華。印象的な場面は数多くあって、どれも微笑ましい。考えるな感じるんだ…