はしご

JAWS/ジョーズのはしごのネタバレレビュー・内容・結末

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

新文芸坐にて鑑賞。

よくよく考えると海洋学者フーパー、生き残った上に私財を投じて作ったサメ研究船は岸にあるので壊れずに済んでるし、よかったね……
仲良くなれたクイント船長が死んじゃったの悲しいけどフーパーの船が無事なの少し救いに感じる。

クイントから海の男の勇気をブロディとフーパーが受け継いだ感じする。

ブロディにフォーカスした物語だった。

ブロディの子供がブロディの真似してるシーンとか、フーパーがクイントに向かって変顔してるシーンとか、コミカルな場面の優しい感じが好き。全編通して面白かった。

あとジョーズのオマージュ映画でよく市長が犠牲になるの、理由わかるなーと思う。

なによりサメが良い。クイントが「サメの目は表情がない 人形のような目だ」と言うシーンを受けて見ると、実際に実物大のサメを製作してそれを動かして撮ったことで、本物のサメよりも無感情で無表情で不気味な存在としてサメが表れているのは傑作である理由の一つだと思う。