Kurita

第十七捕虜収容所のKuritaのレビュー・感想・評価

第十七捕虜収容所(1953年製作の映画)
4.2
同じくシネマヴィーラの年末企画で。
捕虜収容所が舞台なのに荒んだ悲壮感が薄くて、じゃあ現実ばなれしてるかというとそんなことはない。
なんだろ、このバランスは。

ドイツ軍に囚われている連邦軍捕虜の話なので、当然ドイツ語が飛び交う。字幕がないので理解できないけど、そこに得体が知れない恐怖がある。このリアリティ。

基本的には一つの収容所の中の一つの監獄での話なのに、登場人物のコンビネーションで世界の拡がりを感じさせる手腕の見事さ。

基本サスペンスものなんだけど、登場人物たちのやり取りをみてるだけで楽しくなってしまう圧倒的な豊かさに参ってしまいました。
ビリーワイルダー監督、やはり凄い。
まだまだ、面白い作品がたくさんあるんだなあ。