ハレルヤ

第十七捕虜収容所のハレルヤのレビュー・感想・評価

第十七捕虜収容所(1953年製作の映画)
3.9
数ヵ月前に初鑑賞。
もっと硬派な映画かと思っていましたが、意外や意外。結構コメディテイストが散りばめられていて、かなり見やすかった。

それでも収容所に潜むスパイを突き止める本題のサスペンスもしっかり健在。
緊張感がきっちり持続されるのも、ビリー・ワイルダーの手腕あってのもの。

あの名作「大脱走」に近い雰囲気があるのも個人的には好きです。今思えばこの映画、それよりも更に10年も前の作品!
昔の映画ってやっぱり凄いな。